国内レース他 ニュース

投稿日: 2020.11.01 22:27
更新日: 2020.11.01 22:29

スーパー耐久岡山:Gr-1決勝はD’station Vantage GT3がポール・トゥ・ウイン。1年ぶりの勝利を岡山で決める


国内レース他 | スーパー耐久岡山:Gr-1決勝はD’station Vantage GT3がポール・トゥ・ウイン。1年ぶりの勝利を岡山で決める

 11月1日、ピレリスーパー耐久シリーズ2020第3戦『スーパー耐久レースin岡山』のGr-1決勝レースが、岡山国際サーキットで行われ、最高峰ST-Xクラスは777号車D’station Vantage GT3(星野敏/藤井誠暢/近藤翼)がポール・トゥ・ウインで今季初優勝を手にした。

 例年、スーパー耐久シリーズの最終戦の舞台となっていた岡山ラウンド。今シーズンは新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けてシリーズの開催日程が変更となったことに伴い、全6戦のシーズンの折り返しとなる第3戦として開催された。

 10月31日に行われた公式予選でST-Xのポールポジションを獲得したのは、今季これまで不運が続いてランキング6位の777号車D’station Vantage GT3。

 ST-Zクラスは47号車D’station Vantage GT4、ST-TCRクラスは290号車F・Link Home CIVIC TCR、ST-1クラスは28号車ROOKIE Racing GR SUPRA、ST-2クラスは32号車ROOKIE Racing GR YARIS、ST-3クラスはエアーバスター WINMAX RC 350 TWSがクラス最上位からスタートすることとなった。

 13時30分、気温17度、路面温度は28度、天候は快晴というコンディションのなか、6クラス全28台による決勝がスタートした。

■ST-X:圧倒的な速さを見せつけたD’station Vantage GT3

 ポールポジションスタートの777号車D’station Vantage GT3はホールショットを守るも、パイパーコーナーで16号車Porsche 911 GT3Rの上村優太に先行を許してしまう。

 ジェントルマンドライバーの星野敏がスタートを務める777号車D’station Vantage GT3だったが、2周目に31号車DENSO LEXUS RC F GT3の嵯峨宏紀、888号車HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木真一といったプラチナドライバーらにかわされ、ポジションを4番手まで落としてしまう。

 6周目、3番手を走行中の888号車HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3の高木真一がヘアピンコーナーで激しくクラッシュし、セーフティカーが導入される。高木は意識があるとのことだが、ドクターカーで搬送された後、ドクターヘリで近隣の大学病院へ移送された。

 このアクシデントでセーフティカーが長時間導入されることとなり、レース中の乗車時間が50分間以上と定められているジェントルマンドライバーがスタートを務める777号車D’station Vantage GT3、9号車MP Racing GT-R、81号車DAISHIN GT3 GT-Rにとってはレースを有利に進めることができる状況となった。

 この状況を踏まえて、各クラスでセーフティカー導入中にピットに入る車両も現れるなか、ST-Xクラスでは31号車DENSO LEXUS RC F GT3が1回目ピット作業を終え、嵯峨から永井秀貴にドライバーチェンジを行った。

 セーフティカー先導のまま8周が過ぎたのち、14周目にレースは再開した。

 ST-Xクラス走行中の全車が1回目のピットを終えた35周目、31号車DENSO LEXUS RC F GT3がトップに浮上するが、ポールシッターの777号車D’station Vantage GT3の藤井誠暢が約5秒速いペースで追撃を開始し、41周目に永井を捉えると首位を取り戻した。

 57周目に31号車DENSO LEXUS RC F GT3が2回目のピットインを行うと、9号車MP Racing GT-Rの柴田優作が2番手に浮上する。しかし、トップの藤井はハイペースでの周回を重ねており、9号車とのギャップを44秒まで広げていた。

 777号車D’station Vantage GT3は70周目にピットに入り、近藤翼にドライバーチェンジを行うと2番手でコース復帰。

 最後まで2回目のピットを引っ張った9号車MP Racing GT-Rは79周目にピットを終えるも、777号車D’station Vantage GT3、そして81号車DAISHIN GT3 GT-Rの藤波清斗に先行され3番手となった。

 777号車D’station Vantage GT3は2番手に42秒という圧倒的なギャップを築いたまま、109周目にトップチェッカーを受け、ポール・トゥ・ウインで2019年シーズン最終戦岡山以来の今季初優勝を手にした。

ピレリスーパー耐久シリーズ2020第3戦『スーパー耐久レースin岡山』Gr-1決勝 スタート
ピレリスーパー耐久シリーズ2020第3戦『スーパー耐久レースin岡山』Gr-1決勝 スタート
D’station Vantage GT3(星野敏/藤井誠暢/近藤翼)
D’station Vantage GT3(星野敏/藤井誠暢/近藤翼)
ピレリスーパー耐久シリーズ2020第3戦『スーパー耐久レースin岡山』ST-Xクラス表彰台
ピレリスーパー耐久シリーズ2020第3戦『スーパー耐久レースin岡山』ST-Xクラス表彰台
星野敏/藤井誠暢/近藤翼(D’station Vantage GT3)
星野敏/藤井誠暢/近藤翼(D’station Vantage GT3)
クラッシュしローダーで運ばれる888号車HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3
クラッシュしローダーで運ばれる888号車HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3

次のページへ:■初参戦から約1年、ようやく掴んだST-Zクラス初優勝


本日のレースクイーン

Moduloスマイル
永原芽衣(ながはらめい)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング