レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

国内レース他 ニュース [PR]

投稿日: 2021.12.10 09:20
更新日: 2021.12.10 09:22

RECARO RACING TEAM 戦いの流儀。挑戦の先に見えた、道筋を照らす光

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


国内レース他 | RECARO RACING TEAM 戦いの流儀。挑戦の先に見えた、道筋を照らす光

■自らの戦い方で厳しいレースに望んだチームは、来季につながるかけがいのない財産を手中に収めた

 新たな体制で臨んだレカロレーシングチームの一年は、苦難の連続だった。名だたるトップドライバーが顔をそろえた舞台で、ワンメイクレースのスペシャリストたちと戦うことは、経験の浅いチームにとって長丁場を全速力で駆け抜ける感覚に等しいものがあっただろう。

 しかし、常にベストを尽くそうと努力を重ねても、ライバルチームが同じ場所にとどまっているわけではなかった。激しい戦いを制するため、周囲も当然のように先へ先へと進んでいたのだ。

 富士スピードウェイで開催された第2大会は、初戦もてぎで手が届きそうに思えたライバルたちの背中が、すっと遠のいていくような結果に終わった。さらにSUGOにおいては、次戦への道筋を描く糸口も見つからないほど打ちのめされてしまう。

 加速度を増していくライバルたちの背中を必死に追いかけるレースが続いた。しかし、結成当初から皆のまとめ役としてチームを牽引してきた佐々木孝太は、「もっとギヤを上げるんだ」と鼓舞するかように岡山、そして十勝でがむしゃらな走りを見せた。

 厳しい挑戦を続けるチームに新たに加わった小暮卓史は、このシリーズに必要とされる覚悟を深く理解していた。そんな小暮の参戦は、再びこの覚悟にチームを向き合わせることになった。

 経験のない市販車ベースのワンメイクレースという世界で、圧倒的な熱量をもってマシンの操り方を身体に染み込ませようと練習を積み重ねる小暮。そのひたむきさに、チームは動かされた。

 佐々木がチームに放った覇気、小暮が突きつけた覚悟の意味、それらはチームに変化をもたらした。十勝では昨年このコースで優勝を飾った井口が、これまで以上に深くチームと話し合い、結果を求めようとした。

 すぐには成果を手にすることはできなかったが、井口は決してとどまることなく、さらに一段上のレベルでチームとともにマシンの完成度を高め、最終戦では今シーズン無類の強さを見せていたOTGモータースポーツの一角を切り崩し、3位表彰台という結果を残した。

 そこには苛烈な現実を突きつけられても、前へ進むことをやめなかったレカロレーシングチームの戦い方があった。それがけっして間違いではないことを、井口はその姿勢と走りでチームにはっきりと示したのだ。

 ドライバーだけではない。戦いのなかでは、メカニックの意識にも大きな変化があった。レースを終えるたびに、ドライバーとのコミュニケーションはますますその密度を上げ、マシンの整備に対する積極性もより高まった。

 加えてメカニック同士の横のつながりは、より強固なものになっていった。もはや急なドライバーの要望にも動じる気配は微塵もなく、必要とあればすぐさま全員でスムーズに作業を進めていく。

 ともに成長したいと、この挑戦に賛同してくれた富士スバルのスタッフも融け込み、しっかり役割を果たしている。そこにはドライバーの思いに応えようと全力を尽くす、このチームのありようを象徴する姿があった。

 最終戦で、今シーズンの初表彰台を獲得したチームには笑顔があった、しかしチームのだれひとりとして、その結果に満足している者はいないようにも思えた。レースを終えた井口は控えめだがかみしめるように言った。「このチームの3人で表彰台に立ちたい」と。

 シーズンを戦い抜いたチームは、全員が同じ想いで、信じる戦い方を突き詰めようとしていた。レカロレーシングチームはこの挑戦の果てに見るであろう景色の、その輪郭をおぼろげながらにも確かに捉えたのだ。

 今シーズンの無謀とも思えるこの挑戦から得たものが、チームにとって勝利以上の価値を持つ財産となったことは間違いない。そして、それは必ず来季への道しるべとなるはずだ。

* * * * * *

86/BRZレース 2021
86/BRZレース 2021

レカロレーシングチームでは、佐々木、小暮、井口の3人のドライバーそれぞれにひとりの担当メカニックが寄り添い、さらにスバルの正規ディーラーである富士スバルのスタッフが現場でメカニックをサポートする体制をとる。彼らのあいだにもレースを重ねるごとにより強固な信頼関係が生まれていった。どんなに苦しいレースが続いても、決してチームへのリスペクトを失わなかった彼らの存在は、今シーズンの挑戦を足元からしっかりと支えてくれていた。

12月10日発売 autosport No1566より転載
12月10日発売 autosport No1566より転載

12月10日発売 autosport No1566より転載


関連のニュース