レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

国内レース他 ニュース [PR]

投稿日: 2023.05.01 09:55
更新日: 2023.05.01 18:59

「上を目指すうえで必ず役に立つ」卒業生・牧野任祐からのメッセージ/F-Beの魅力を探る

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


国内レース他 | 「上を目指すうえで必ず役に立つ」卒業生・牧野任祐からのメッセージ/F-Beの魅力を探る

 国内で唯一、開発競争があるミドルフォーミュラの『JAF F4』は、2023年から『Beat=鼓動』を意味する新名称『Formula Beat(フォーミュラ・ビート/F-Be)』に生まれ変わった。auto sport本誌では引き続き、そんなF-Beの魅力を探る『2023 F-Be CHANPIONSHIP PADDOCK NEWS』を掲載する。

 2023年に新名称のF-Beへと名称を変更したF4は、F3とFJ1600の間を埋めるカテゴリーとして1993年に誕生し、20年以上の歴史を持つミドルフォーミュラだ。初代チャンピオンの道上龍に始まり、塚越広大や平川亮、近年では角田裕毅や牧野任祐、大湯都史樹、太田格之進らが、このレースからトップカテゴリーへステップアップを果たしている。

 2023年初回となる『2023 F-Be CHANPIONSHIP PADDOCK NEWS Vol.1』では、卒業生であり、現在は国内トップカテゴリーの全日本スーパーフォーミュラ選手権、スーパーGT GT500クラスで活躍する牧野が、当時所属していたルーニースポーツ代表の植田正幸と“F-Be時代”を振り返っている。

 第一印象は“最悪”だったという牧野が掴んだ大きな転機や、チームとともに過ごした日々などを語っている『2023 F-Be CHANPIONSHIP PADDOCK NEWS Vol.1』の全文は下記のPDFを読んでほしい。

『2023 F-Be CHANPIONSHIP PADDOCK NEWS Vol.1』
『2023 F-Be CHANPIONSHIP PADDOCK NEWS Vol.1』


関連のニュース