F1ドライバー

F1 | ダニール・クビアト(Daniil Kvyat) 2020年

ダニール・クビアト(Daniil Kvyat)

ロシア / アルファタウリ・ホンダ /

ゼッケンNo. :26

●国籍:ロシア
●生年月日:1994年4月26日
●身長/体重:180㎝/61㎏

2019年シーズン成績
●出走:21回
●優勝:0回(勝率:0%)
●表彰台:1回(獲得率:4.76%)
●入賞:10回(入賞率:47.61%)
●完走:18回(完走率:85.71%)
●PP:0回(獲得率:0%)
●Q3進出:5回(進出率:23.8%)
●Q2進出:15回(進出率:71.42%)
●FL:0回
●予選平均順位:13.61位
●決勝平均順位:10.66位

通算成績
●F1デビュー:2014年第1戦オーストラリアGP
●在籍チーム:トロロッソ(2014年)→レッドブル(15年~16年ロシアGP)→トロロッソ(16年スペインGP~17年シンガポールGP、アメリカGP、19年~)
●出走:93回
●優勝:0回
●PP:0回
●FL:1回
●表彰台:3回
●入賞:37回
●通算獲得ポイント:170点
●ドライバーズ選手権最上位:13位(2019年/トロロッソ)

■ダニール・クビアト プロフィール

 生まれたのはウファという街だったが、8歳のときにロシアに転居。これをきっかけに、カートに乗り始めた。

 レースデビューは10歳だった2005年1月。初めてのレースで勝利し、本格的なキャリアのスタートを切った。ロシア国内だけではなく、イタリアでのカートイベントにも参加し始める。翌06年には、早くも活動の軸をイタリアに移した。

 国際舞台への登場は08年。10月の「ブリヂストン・カップ」に勝ち、その副賞としてF1パドックを訪問する機会を得る。09年がカート最後のシーズンとなった。いくつかの大きなレースに勝利すると、その活躍ぶりがレッドブルのレーシングアドバイザー、ヘルムート・マルコの目に留まる。7月にはカルロス・サインツJr.とともにフォーミュラ・BMWのテスト走行に招待され、翌8月にレッドブル・ジュニアチームに正式に選抜を受けた。カートでの最終成績はヨーロッパ選手権で総合3位、インターナショナルシリーズで同2位だった。

 10年4月、フォーミュラデビューはまずアジアの地だ。マレーシアで開催されたフォーミュラ・BMWにゲスト参戦。デビューウインを飾る。その後にフォーミュラ・BMWのヨーロッパ選手権が開幕した。

 だが当初の戦績は奮わず、シーズン終盤になって速さを見せるようになったものの、表彰台獲得はモンツァでの2位1回、ランキング10位に留まる。シリーズを終えるとまたアジアに遠征し、シンガポールでのレースに勝った。その後フォーミュラ・ルノーのユーロカップに最終戦1開催のみスポットで出ると、英国で同ウインターシリーズに参戦してランキング4位を得る。

 続くシーズンを迎える前には季節が逆のニュージーランドに渡り、トヨタ・エンジンのワンメイクフォーミュラで腕を磨く。優勝1回、最終戦は走らずに総合4位でヨーロッパに戻る。

 11年はフォーミュラ・ルノーでユーロカップと北ヨーロピアンカップ(NEC)にダブルでエントリー。NEC開幕戦ホッケンハイムに勝つと、ようやくヨーロッパでの活動が軌道に乗り始める。表彰台の常連となり、ユーロカップは総合3位、NEC同2位でフィニッシュした。冬はまた英ウインターシリーズ(ファイナルシリーズに改称)で過ごした。

 レッドブルはチームメイトのサインツJr.を12年F3に昇格させる一方、クビアトはフォーミュラ・ルノーに残す。ユーロカップでは最多7勝を挙げたが、僅差のシリーズ2位。同時参戦したアルプスシリーズでは同じく7勝でチャンピオンとなった。

 翌13年はGP3にステップアップすると、ふたたびサインツJr.とチームメイトとなる。フルエントリーではないもののF3ヨーロッパ選手権にも参戦、オランダ開催で勝利を挙げた。7月にはシルバーストンで行なわれたテストに参加して、トロロッソでF1初走行を果たす。トロロッソからダニエル・リカルドの14年レッドブル昇格が決まると、クビアトはその後任として指名を受けた。GP3では3勝、最終戦の逆転でシリーズタイトルを手にする。翌年のF1デビューを控え、終盤2戦ではトロロッソでFP1を担当した。

 14年、この年からのF1固定カーナンバー制に伴い、生まれ日の26を選択。開幕戦オーストラリアでクビアトは8番手好グリッドを得ると、レースを10位で完走した。上位に失格者が出たことで正式順位は9位。19歳324日のF1史上最年少入賞記録をつくる(当時)。

 クビアトはデビューシーズンを入賞4回のドライバーズ選手権15位だったが、セバスチャン・ベッテルがこの年限りでレッドブルを離脱。キャリア1年で、その後継に抜擢された。しかし、そこからは茨の道だ。

 レッドブル1年目はハンガリーGPで2位表彰台を獲得したものの、その年の表彰台は1度に留まり首脳陣の信頼を得られず、翌16年に第3、4戦で相次いで接触アクシデントを起こすと、マックス・フェルスタッペンと交替でトロロッソに降格させられてしまう。

 17年はトロロッソ残留となったが、成績は安定せず、終盤のマレーシアと鈴鹿ではシートから外された。その後いったんオースティンで復帰しチームに10位入賞を持ち帰るも、残る3戦に起用されることはなかった。事実上の解雇だ。

 18年はフェラーリとデベロップ(開発)ドライバー契約を結び、シミュレータ作業を担当した。だがリカルドが19年のレッドブル離脱を決めると、事態は一変する。

 レッドブルは配下にF1スーパーライセンス受給資格を持つ若手がおらず、1度は解雇を突きつけたはずのクビアトをトロロッソのドライバーとして呼び戻した。復帰後は第11戦ドイツで荒れた展開を3位。チームに08年イタリアのセバスチャン・ベッテル優勝以来となる表彰台フィニッシュをもたらす。

公式URL:
http://ru.kvyat.com/
Facebook:
https://www.facebook.com/daniil.kvyat.1/
Instagram:
https://www.instagram.com/danydk1/?hl=en
Twitter:

年度別ドライバー

ダニール・クビアト最新ドライバーニュース

ダニール・クビアトの最新画像

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのドライバー

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Tom’s
木村理恵(きむらりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング