F1 ニュース

2017.03.25

F1オーストラリアGP予選:ハミルトンがコースレコード更新、ベッテルは2番手


F1 | F1オーストラリアGP予選:ハミルトンがコースレコード更新、ベッテルは2番手

 3月25日、開幕戦オーストラリアGPの予選が行なわれた。この週末で最も暑い気候になった土曜日は午後2時からのFP-3では路面温度が40度を超える場面もあったが、陽が傾き始めた午後5時開始の予選では34度と大きく下がっており、このコンディションの変化にいかに対応するかが問われることになった。さらには1時間ほど前から雲が増え、降水確率は40%に上昇する中での予選開始となった。 

 FP3の終了直前にターン10の出口でウォールにヒットして右の前後サスペンションを壊した新人ランス・ストロールは、ギヤボックス交換を強いられて早くも5グリッド降格ペナルティが決定。この事故が元で赤旗が提示されてそのままセッション終了となったため、ほとんどのドライバーが最後の予選シミュレーションを行なえないまま予選に挑むこととなった。

 予選Q1の1回目のランはフェラーリだけがスーパーソフトでコースインし、他は全てウルトラソフト。ストロールのマシンはまだ修復作業が完了せずコースインができない。開始早々にコースインしたマクラーレン勢だったが、フェルナンド・アロンソはザウバーのマーカス・エリクソンより0.4秒落ち、燃料フローに問題を抱えたストフェル・バンドーンはチームからの指示でピットに戻ることとなった。

 1回目のアタックでは、1位 ルイス・ハミルトン、0.323秒差で2位 バルテリ・ボッタスとメルセデスAMGが1-2。これにスーパーソフトのセバスチャン・ベッテルが1.019秒遅れで続く。以下は4位ダニエル・リカルド、5位にセルジオ・ペレスが飛び込み、フェリペ・マッサ、ニコ・ヒュルケンベルグと続くが、1回目のアタックでトラフィックに引っかかったライコネンがウルトラソフトを履いた2回目のアタックで0.161秒差の2番手タイムを記録。1回目のアタックではターン6で飛び出してタイムロスしたフェルスタッペンが再度アタックを行ない、最終的には0.291秒差の3番手のタイムを記録してみせた。ベッテルだけがスーパーソフトでQ1を突破してみせた。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング