F1ニュース

2017.03.29

2017年F1マシンでのオーバーテイク減少をドライバーたちが懸念。「ほぼ不可能」との悲観的な声


F1 | 2017年F1マシンでのオーバーテイク減少をドライバーたちが懸念。「ほぼ不可能」との悲観的な声

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、今季F1開幕戦オーストラリアGPを走った感想として、オーバーテイクは「ほぼ不可能」だったと話した。同様に何人かのドライバーたちが、2017年規定による新型F1マシンでのオーバーテイクのチャンスについて、懸念を示している。

 2017年のマシンは前年と比べて高速化、ワイド化し、空力パフォーマンスも向上、ピレリの大型タイヤによりグリップも増している。

 決勝終盤、ヒュルケンベルグは前を行くフォース・インディアのエステバン・オコンより速さがあったにもかかわらず、どうしても抜くことができなかったと語った。ヒュルケンベルグは2回ストップで終盤はウルトラソフトで走行、オコンは1回ストップで40周以上をソフトタイヤで走った。

「(レース終盤)僕はウルトラソフトで走りつつ、彼がソフトタイヤで苦しむことを期待していた」とヒュルケンベルグ。

「でもそうはならないということはすぐに分かったよ」

「今年のマシンは後方の乱気流が大きい。だからオーバーテイクはほぼ不可能なんだ」

「僕の方が1秒以上速いタイムが出せたと思うが、それでも無理だった」

 レースの大部分で、ヒュルケンベルグとオコンはマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソを抜くことができずに後ろを走り続けた。しかしフィニッシュまであと数周のところで、ふたりはターン1への進入で圧巻のスリーワイドのバトルの末に、アロンソの前に出た。

 しかし、アロンソがミスを犯していなければそんなシーンは実現できなかったと、オコンは言う。

「僕とニコはフェルナンドよりかなり速かったが、それでも近づけなかった。タフだったよ」とオコン。

「彼はターン12の立ち上がりで小さなミスを犯した。それでなんとか近づいて抜き去ることができたんだ」

 レース後のチームの発表によると、アロンソはレース序盤からブレーキダクトにダメージを抱え、それが徐々に悪化していったということで、2台に抜かれた直後にリタイアしている。

 しかしヒュルケンベルグは、3台のバトルは今回の彼にとってのハイライトだったと考えている。

「あの瞬間、ものすごく速くなった。まるで飛んでいるみたいだったよ。すごく強力なトウが効いたんだ」

「(2台の後ろについて)トウがダブルになり、その上、DRSとフルパワーモードを使ったから、『うわーーーっ!』って感じだったよ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング