F1 ニュース

投稿日: 2024.02.02 12:27
更新日: 2024.02.02 12:28

ハミルトンが抜けるメルセデスF1。後任候補はベテランのアロンソから若手アントネッリまで4人


F1 | ハミルトンが抜けるメルセデスF1。後任候補はベテランのアロンソから若手アントネッリまで4人

 メルセデスF1チームのルイス・ハミルトンが2025年にフェラーリに移籍することが発表された。これにより、来年のメルセデスに空席ができるとともに、カルロス・サインツがフェラーリを2024年末で離れ、新たなチームを探さなければならないことが確定した。

 メルセデスのシートは、マックス・フェルスタッペンを除くほとんどのドライバーにとって魅力的なものであり、来年以降に向けてドライバーとの契約を結んでいるチームであっても、離脱の可能性を心配する必要が出てくるだろう。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2023年F1第23戦アブダビGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

 2025年末までノリスと契約を結んでいたマクラーレンは、1月26日、その契約をさらに延長したことを発表した。新契約を急いだことが不可解にも思えたが、今となってみれば、マクラーレンは理にかなった行動をとったといえる。近い将来、ノリスがマクラーレンから離脱するためには、高額な違約金を支払わなければならない。マクラーレンはオスカー・ピアストリと2026年末までの契約を結んでおり、メルセデスにドライバーを奪われる恐れは比較的小さいだろう。

 ハミルトンの後任候補として、最も可能性が高いと思われるのは、サインツだ。彼は、2024年末までの契約を延長するためにフェラーリと交渉してきたものの、合意に至らず、離脱が確定した。サインツは、モチベーションが高く、非常に高い労働倫理とレースへの深い理解を持つ、頼りになるドライバーだ。彼を起用すれば、メルセデスは、フェラーリに関する貴重な情報も得ることができる。

カルロス・サインツ(フェラーリ)
2023年F1第16戦シンガポールGP カルロス・サインツ(フェラーリ)

 しかしメルセデスの候補としてもうひとり有力なのは、サインツと同じスペイン出身のフェルナンド・アロンソだ。アストンマーティンは、アロンソとの契約を延長したいという意向を示しているが、アロンソは、メルセデスで勝利を手に入れる可能性があると考えれば、そのチャンスをつかむはずだ。アロンソは今年43歳になるものの、F1でもベストのレベルに入るその能力を全く失っていない。彼は最近、アストンマーティンとの契約交渉を延期したといわれている。2025年に良いシートが空く可能性を感じ取ったからかもしれない。

2023年F1第21戦サンパウロGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)が3位
2023年F1第21戦サンパウロGP フェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)が3位

 チーム代表トト・ウォルフがピックアップしているだろう、その他のドライバーは、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンと、メルセデスのジュニアドライバーであるアンドレア・キミ・アントネッリだ。ウイリアムズはメルセデスエンジンを搭載するカスタマーチームであり、メルセデスはアルボンのパフォーマンスをよく理解している。さらにアルボンはジョージ・ラッセルと親しい友人関係にあり、チームにとっては制御しやすいペアになると思われる。

2023年F1第19戦アメリカGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2023年F1第19戦アメリカGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 イタリア出身17歳のアントネッリは、2022年にADAC F4とイタリアンF4でタイトルを獲得し、2023年にフォーミュラ・リージョナル・ヨーロピアン選手権と中東選手権で王座に就いた、注目の若手ドライバーだ。アントネッリは、2024年はプレマからFIA F2にステップアップする。今シーズンはアントネッリにとって、将来を左右する、非常に重要なシーズンになりそうだ。

2024年FIA F2に参戦するメルセデス育成のアンドレア・キミ・アントネッリ(プレマ・レーシング)
2024年FIA F2に参戦するメルセデス育成のアンドレア・キミ・アントネッリ(プレマ・レーシング)


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム