レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2024.02.07 18:00
更新日: 2024.02.07 14:44

【動画】フェラーリF1が2024年型F1マシン『SF-24』のエンジンを始動。サインツらは旧型車でテストも実施

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | 【動画】フェラーリF1が2024年型F1マシン『SF-24』のエンジンを始動。サインツらは旧型車でテストも実施

 フェラーリは2024年シーズン開幕に向けて一歩を踏み出し、2024年型マシン『SF-24』のエンジンを始動させる映像を公開した。

 ルイス・ハミルトンが2025年にフェラーリに加入するという衝撃の発表から数日後、スクーデリアは2月6日(火)に公開したソーシャルメディアの映像によって、来るシーズンへと注目を引きつけた。この特別な映像では、マラネロの上空に太陽が昇り、スタッフが有名な本社に到着する場面が見られる。そしてフェラーリの最新型F1マシンに命が宿ったサウンドが聞こえた。

 フェラーリのリリースによると、チーム代表のフレデリック・バスールも見守るなかでエンジンを始動させ、その場にいた関係者全員から拍手が起こったということだ。

 また、フェラーリは火曜日にフィオラノのテストコースでテストを行い、シャルル・ルクレールの弟で、新たに開発ドライバーに就任したアーサー・ルクレールが午前中に2022年仕様のF1-75をドライブし、午後にはカルロス・サインツが走行を引き継いだ。

 フェラーリは2月13日(火)にSF-24を発表する予定だ。チームは3位でフィニッシュした昨年のコンストラクターズ選手権の結果を基礎として、2008年シーズン以来となる世界タイトルへの挑戦を目指している。ルクレールとサインツは4年連続のチームメイトとなるが、ハミルトンがメルセデスを離れてフェラーリに加入する決断を下したことで、サインツは今年の年末に離脱することになる。


関連のニュース