F1 ニュース

投稿日: 2024.03.07 11:23
更新日: 2024.03.07 11:24

アルピーヌF1からベテランエンジニアのボブ・ベルが離脱、アストンマーティンの技術ボスに就任


F1 | アルピーヌF1からベテランエンジニアのボブ・ベルが離脱、アストンマーティンの技術ボスに就任

 アストンマーティンF1チームは、3月6日、ボブ・ベルをテクニカル担当エグゼクティブディレクターに任命したことを発表した。

 65歳のベルは、マクラーレン、ルノー、メルセデスで働いた経験を持つベテランで、ルノー時代には2005年と2006年にフェルナンド・アロンソとともにチームが世界タイトルを獲得した際に、テクニカルディレクターを務めていた。ベルは、2018年にルノーのチーフテクニカルオフィサーの座から退き、ルノー/アルピーヌチームの顧問職に就いていたが、今回退任してアストンマーティンに加入することになった。

2005年F1サンマリノGP表彰台
2005年F1サンマリノGP表彰台 優勝したフェルナンド・アロンソ(ルノー)とテクニカルディレクターのボブ・ベル、ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)、ジェンソン・バトン(BARホンダ)

 テクニカル担当エグゼクティブディレクターは、チームの上級リーダーシップグループをさらに強化するために新設されたポジション。ベルはチーム代表マイク・クラックの直属として、技術、エンジニアリング、パフォーマンス部門の全体的な責任を担う。

 アルピーヌからは、最近テクニカルディレクターのマット・ハーマンと空力責任者であるディルク・デ・ビアが退任することが決まり、技術部門が再編成された。チームは2022年にはコンストラクターズ選手権4位を獲得したが、昨年は6位に落ち、今年の開幕戦バーレーンGPでも苦戦、エステバン・オコンとピエール・ガスリーは、予選で19番手と20番手、決勝では17番手と18番手に沈んだ。

エステバン・オコンとピエール・ガスリー(アルピーヌ)
2024年F1第1戦バーレーンGP エステバン・オコンとピエール・ガスリー(アルピーヌ)


関連のニュース