F1 ニュース

2017.04.08

F1中国GP予選:ハミルトンが2戦連続ポール獲得、ベッテルはコンマ2秒及ばず


F1 | F1中国GP予選:ハミルトンが2戦連続ポール獲得、ベッテルはコンマ2秒及ばず

 4月8日、第2戦中国GPの予選が行なわれた。前日の金曜日が霧による視界不良でほとんど走行できないまま終わってしまったため、どのチームも12時から行なわれたFP3でロングランを行なうなど通常の倍近い周回数を走り込んで予選に臨んだ。 

 土曜日の上海はPM2.5の影響で空気が澄んではいないものの、天候はまずまずで午後3時のコンディションは気温21度、路面温度32度。

 Q1の開始直後から各車が新品のスーパーソフトでコースイン。直前までジャッキアップしてマシンの整備作業を強いられたレッドブル勢はコースインが遅れてしまった。

 最初のアタックでロマン・グロージャンは最終コーナー出口でスピン。スライドした影響で両リヤタイヤがパンクしてしまいピットに戻ることとなった。マックス・フェルスタッペンも「エンジンから変な音がした」と訴えて速いタイムを記録する前にピットイン。

 1回目のアタックで首位に立ったのはセバスチャン・ベッテル、2位はルイス・ハミルトンが0.255秒差で続き、3位キミ・ライコネン、4位バルテリ・ボッタス。やはりトップ4は2強チームが占めたが、フェラーリ勢だけはソフトタイヤだ。FP3では振るわなかったレッドブル勢だが、Q1ではダニエル・リカルドがウイリアムズを上回ってきた。

 7位以下の各車が2回目のアタックに向かう中、終了直前に15位にいたアントニオ・ジョビナッツィが最終コーナーの立ち上がりでスピンしてクラッシュ。右リヤとギヤボックス周りが大破する事故となったが、本人に怪我はなかった。

 この影響もあって最後にタイムアップを果たせなかったドライバーもおり、エンジンのトラブルが治りきらなかったフェルスタッペンは19位、ストフェル・バンドーンは16位でQ1敗退となった。グロージャンも満足なアタックができないまま17位でセッションを終えた。

 2回目のアタックでタイムアップを果たしたアロンソは10位でQ1通過、ジョビナッツィはクラッシュしたもののザウバー勢も揃ってQ1通過を果たしている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング