レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2024.06.05 07:31
更新日: 2024.06.05 07:33

マクラーレンF1リザーブの平川亮が2022年型マシンで走行。F1チームのプライベートテストが相次ぐ

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | マクラーレンF1リザーブの平川亮が2022年型マシンで走行。F1チームのプライベートテストが相次ぐ

 マクラーレンF1チームは、6月4日、オーストリアでプライベートテストを行い、リザーブドライバーの平川亮が2022年型MCL36で走行したことを明らかにした。

 TOYOTA GAZOO RacingからWEC世界耐久選手権に参戦する平川は、2024年にマクラーレンF1チームのリザーブドライバーにも就任、昨年から繰り返し旧型車でのテストを行っている。今週のテストは、オーストリアのレッドブルリンクで、2022年型マシンを使用して行われた。

マクラーレンF1チームの2024年リザーブドライバーを務める平川亮
マクラーレンF1チームの2024年リザーブドライバーに就任する平川亮
平川亮(マクラーレン)
平川亮は今年3月にもマクラーレンMCL36でのテストを行っている

 チームは詳細は明かしておらず、平川はSNSを通して「MCL36で再び走る機会を提供してくれたことに心から感謝します。カナダGPでの成功を祈っています」とチームに対してメッセージを送っている。

 今週、レッドブルリンクではアストンマーティンもテストを予定している。6月5日に育成ドライバーであるジャック・クロフォードが2022年型AMR22に乗り、F1初走行の機会を得る。

 メルセデスも、今週、育成ドライバーのアンドレア・キミ・アントネッリのテストを計画している。メルセデスは、スペインのバルセロナでアントネッリとミック・シューマッハーを2022年型マシンで走らせる予定だ。


関連のニュース