F1 ニュース

2017.04.14

F1バーレーンGP FP1:新空力パッケージ投入のベッテルがトップタイム


F1 | F1バーレーンGP FP1:新空力パッケージ投入のベッテルがトップタイム

 4月14日(金)の午後2時から始まったF1第3戦バーレーンGPのフリー走行1回目は、いかにも砂漠らしい雲ひとつない快晴で降水確率は0%。気温36℃、路面温度46℃の暑さのコンディションで始まった。 

 セッション直前には、インディ500に挑戦するフェルナンド・アロンソの代役として、ジェンソン・バトンの復帰が正式に発表された。マクラーレン・ホンダのガレージでエンジニアと談笑するアロンソは、メルボルンや上海と比べて、明らかに表情が明るい。

 予選、レースはともに日没時の午後6時に始まるため、路面コンディションはまったく違う。バーレーン用パッケージの作動確認が、とりあえずのメニューだ。中国からの連戦ながら、レッドブルやフォース・インディアなど新たな空力パッケージを投入。中でもフェラーリはフロントウィングやフロアなど、かなり大掛かりな改良を施してきた。

 セッション序盤はほとんどのドライバーが、今回最も固いミディアムを装着して周回。そこから徐々にソフトへと移行しつつあった開始後37分、フェラーリのキミ・ライコネンがターン13の立ち上がりでスローダウン。リヤから白煙を吐きながら、コース脇にマシンを止めた。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
那津あやこ(なつあやこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング