F1 ニュース

投稿日: 2017.04.15 17:05
更新日: 2017.04.15 15:37

マクラーレン「アロンソ、ホンダと関係を続けたい」。インディ500参戦は契約延長が目的か


F1 | マクラーレン「アロンソ、ホンダと関係を続けたい」。インディ500参戦は契約延長が目的か

 フェルナンド・アロンソのインディ500参戦を許可したのは、2018年シーズン以降の残留を説得するための「大局を見据えた」判断であったと、マクラーレンF1チームが示唆している。

 マクラーレンはインディアナポリスでのレースにアロンソを参戦させるためにマシンを用意するという、前代未聞の発表を行った。アロンソはインディカー・シリーズのメインイベントともなるレースに出場するため、F1モナコGPを欠場する。

 アロンソはモナコGP、インディ500、ル・マン24時間のすべてで勝利し、グラハム・ヒル以来の3冠達成が目標であると明言。チームは、マクラーレンであるからこそF1参戦と並行しての挑戦が可能だと考えている。

 この計画が、2018年シーズン以降もアロンソと契約を結ぶためのものであるかと聞かれると、チームのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエは「いいじゃないか。契約を締結するために交渉が必要な場合、誰もがそれぞれに秘策を持っている」と答えた。

 将来に向けてより大きな可能性を得られること、またジェンソン・バトンといった高レベルな代役がいるからこそ、アロンソのインディ参戦は正当化されるのだとブーリエは言う。アロンソがモナコGPを欠場することは、チームにとって損失にはならないのだろうか。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

F1 Photo Ranking

フォトランキング