F1ニュース

2017.04.18

F1 Topic:メルセデス優勝のチャンスを奪った、ふたつの“プレッシャー”


F1 | F1 Topic:メルセデス優勝のチャンスを奪った、ふたつの“プレッシャー”

「ポールポジションからスタートしたはじめてのレースだったのに、今日はあまりいい一日ではなかった。スタートでタイヤの内圧に問題があったんだ。理由は詳しく聞いていないんだけど、とにかくリヤがオーバーヒートしてオーバーステアに悩まされた。2周目からはずっとスライドしていたよ」 

 自身初のポールポジションからスタートし、3位に終わったバルテリ・ボッタスの敗戦の弁である。いったい、何が起きたのか? トト・ウォルフ(エグゼクティブディレクター/ビジネス)は、レース後、次のように説明した。

「スターティンググリッド上で問題が発生したんだ。ジェネレーターが故障していたため、バルテリのタイヤウォーマーが作動していなかった。それで、スタート直後からタイヤの内圧が想定よりも高くなってしまった」

 予選トップ10のドライバーはQ2でベストタイムを記録した際に装着していたタイヤでスタートすることが義務付けられている。そのタイヤはグリッドに着くためのレコノサンスラップではまだマシンに装着されず、タイヤウォーマーに包まれて、スターティンググリッド上で温められている。グリッド上にはガレージ内のように電源がないため、発電機を使用しているのだが、今回はそれが働いていなかったというわけだ。

2016年のメキシコGP:発電機を使用するハミルトンのマシン
2016年のメキシコGP:発電機を使用するハミルトンのマシン

 つまり、ボッタスはタイヤが冷えた状態でスタートしたのだった。それでは、なぜタイヤが冷えていたのに、ボッタスのリヤタイヤはオーバーヒートし、さらに内圧が急激に上がったのだろうか。スポーティングディレクターのロン・メドウが詳しく解説してくれた。

「タイヤウォーマーにスイッチが入っていなかったために、確かにバルテリがスタート時に履いたタイヤは冷えていた。スタートまで5分ぐらいだったので、われわれはタイヤを温めることを断念した。

 ただし、レギュレーションでスタート時のタイヤの最低内圧が定められているため、われわれは冷えたタイヤの状態で内圧を推奨されている設定値まで上げなければならなかった。

 通常であれば、タイヤの温度が80℃から100℃の状態で内圧を設定値のプレッシャーにするので、走り始めても内圧はそんなに変化しないのだが、バルテリはタイヤが冷えた状態で内圧を規定通りに設定しなければならなかったため、スタート直後にタイヤの温度が上昇するとともに、内圧も急激に上がってしまったんだ」


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング