F1ニュース

2017.05.13

アロンソ、F1エンジンに穴が開いてストップも「もう驚かない」と達観。“空き時間”にトレーニングに勤しむ


 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、スペインGPのフリープラクティス1回目で走り出した途端にパワーユニットのトラブルに見舞われたが、今季は毎戦のように問題が発生しているため、大きな驚きはなかったと語った。

 アウトラップでマシンをとめたアロンソは、歩いてガレージに戻った後、FP1を見守ることなく、サーキットから立ち去った。パワーユニットが交換されるまでの時間を利用して、トレーニングのためにフィジオとテニスをしていたということだ。

「走れるようになるまでに2時間はかかると言われたから、トレーニングをすることにした」とアロンソ。
「この数週間、トレーニングをする時間がほとんどなかったからね。自分をいい状態に保ちたいという気持ちは失われていない。今も100パーセントだ」

 この日に起きたパワーユニットのトラブルについて、アロンソは次のように語っている。
「エンジンはよかったとはいえないね。エンジンに穴が開いて、オイルが漏れ出した」と彼が述べたとFox Sportsが伝えた。
「400メートル走ったら、エンジンがブローした。最初から使える状態ではなかったんじゃないかな」

「でもある意味、驚いたりはしなかったよ。アウトラップを走り切ることができなかったわけだけど、ロシアでも日曜にフォーメイションラップを走り切れなかったんだからね」

「現状、こういう問題が出るだろうことはある程度予想していた。ただ、母国のファンの前だったのは残念だし、悔しい」

 一方でアロンソは、土曜と日曜には状況が好転することを期待している。

「今年は金曜と土曜を順調に過ごしても、日曜にうまくいかない。まだ一度も決勝でフィニッシュしていないんだ」
   
「でも今回は金曜が悲惨だったから、土曜と日曜はうまくいくんじゃないかと考えている」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models/2017SF
宮本あかり(みやもとあかり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

17日(Fri)

フォーミュラV8 3.5 第9戦 バーレーン

WRC 第13戦オーストラリア

18日(Sat)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WEC 第9戦バーレーン6時間

19日(Sun)

SUZUKA Sound of ENGINE(鈴鹿サーキット)

WRC 第13戦オーストラリア

WTCC 第9戦マカオ(ギア・サーキット)

20日(Mon)

21日(Tue)

22日(Wed)

23日(Thu)