F1 ニュース

2017.05.22

マノーとミナルディ、F1スペインGPのファン向け企画で活躍。立役者はストッダート


F1 | マノーとミナルディ、F1スペインGPのファン向け企画で活躍。立役者はストッダート

 F1の新オーナーとなったリバティ・メディアはスペインGPでファン向けの企画を多く用意し、ピットレーン最後方には“11番目のチーム”も登場した。こうした取り組みによって、F1は大きな一歩を踏み出している。

 “F1エクスペリエンス”と銘打ったアトラクションではメディアや著名人だけではなく、抽選で当選した少数の観客もミナルディの2シーターマシンを体験した。2005年にミナルディをレッドブルに売却して以降、ポール・ストッダートはこのマシンを走らせ続けている。

「これはF1をより身近で個人的なものとして感じるためのものだ。見て、触って、匂いを感じさせる。そして本当に運が良ければ、乗ることもできる」とストッダートは言う。

 新たなプロジェクトの目的は、チームと同じ体験をすること。新たなアトラクションとして、ガレージでマノーのものだった機材を使用し、ピットストップのシミュレーションを行うというものがある。このアトラクションについて、ストッダートは以下のように説明している。

「これはまさしく去年のマノーの機材なので、現在のパドックに見合うものだ。ピットガントリーは100%いまと同じものになる。昨年のものや10年前のものなどではない。ガレージの中にあるものはすべて、いますぐにでも使えるものだ」

 ストッダートにとって、スペインGPは時間との勝負だったという。オーストラリアGPでは通常のかたちで走行を行った2シーターマシンだが、当初リバティは、より正式なタイアップを計画していた。また、このアトラクションは10月のアメリカGPで初登場する予定となっていた。

 しかし中国GPの金曜日、悪天候により走行時間が大幅に減ったことで批判を受けたF1は、この計画を前倒しにすることを決定。ストッダートはメルボルンから拠点のあるイギリスのレッドバリーへとマシンを戻す際、リバティが予定を早めた場合に備え、すでに輸送方法を船便から空輸へと変更していた。このため計画変更に対応することができたのだ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ マッハ車検 GAL
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング