F1 ニュース

2017.05.26

F1 Topic:日本人ドライバー、ギヤボックス供給問題などザウバー・ホンダに関する3つの疑問


F1 | F1 Topic:日本人ドライバー、ギヤボックス供給問題などザウバー・ホンダに関する3つの疑問

 ホンダが2018年からマクラーレンだけでなく、ザウバーへもパワーユニットを供給することは、4月末のF1ロシアGPで発表された。しかし、このときの発表はリリースのみで、ホンダは公式な会見は開かなかったため、いくつか不明な点が残っていた。 

 ヨーロッパGPの開幕戦となったスペインGPで、ホンダの森山 克英(ブランド・コミュニケーション本部長)と山本雅史(モータースポーツ部長)が会見を開いたので、尋ねてみた。

 まず、ギヤボックスに関してだ。ロシアGPでの発表ではアナウンスされなかっただけでなく、ホンダ、ザウバーとも「ノーコメント」とまったく触れようともしなかった。噂ではマクラーレンが供給することになっているが、それならばなぜ発表できないのか。

 山本部長は「ギヤボックスですが、マクラーレン、ザウバー、ホンダが積極的にギヤボックスの話をしないのは、まだどこの何を使うか煮えきっていないからです」という。

 ただし、「われわれが4台にパワーユニットを供給するメリットには、より多くのデータが取るということがあるので、そのためには4台とも同じものを使わないといけません」と語る。

 そうなると、現在自社製のギヤボックスを使用しているマクラーレンがザウバー製、ホンダ製を使用することは考えにくいことから、自ずと答えはマクラーレン製ギヤボックスということになる。ならば、なぜ3社ともギヤボックスの話題になると、口が硬くなるのか。

「それは技術的な問題ではなく、政治的な背景があって、話が複雑になったんです。いろんな意味の交渉がギヤボックスに絡んでいたので……」

■ザウバーとの契約はパワーユニット供給だけ?


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
白崎つかさ(しろさきつかさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング