F1ニュース

2017.05.29

【アロンソ密着インディ】F1王者の実力を見せたアロンソ「素晴らしいレースのフィーリングを感じた」


リタイアに終わるもF1チャンピオンの実力を見せたアロンソのインディ500挑戦

 インディ500の予選でフェルナンド・アロンソが2列目の真ん中5番手グリッドを獲得した時に、現役F1チャンピオンの速さと実力を垣間見せていた。

 プラクティスから予選までミスを犯すことなく、予選1日目でファスト9に入り、予選2日目のポールデーで5番手のタイムを出す。一見簡単そうなインディアナポリスのスーパースピードウエイだが、その速さを習熟し身につけるまでは、膨大な月日を必要とするのが常だ。

 ことオーバー230mphの速さともなればなおさらである。とあるエンジニアがいう「アロンソはグループランをしている時に、右へ行ってみたり、左へ行ってみたりラインを変えて勉強してますよね。前の車に並んで引いてみたり。その毎ラップですごく多くの情報を吸収してますよ。そのラーニングカーブがすごいんです」

 その言葉に裏付けられるように、アロンソは決勝でも痛快なレースを見せた。

 F1では決して体験することのない3列縦隊からのローリングスタートで、アロンソは一旦後続に飲み込まれ9番手まで順位を落とす。しかしレースペースがつかみ始めると、佐藤琢磨らをかわし、徐々にポジションが戻ってきた。

 20周目には6番手、そして28周目には3番手まで上がってきた。前車との間合いをはかりターンの侵入でズバリと抜いていく。あたかも何年もIMSを走っているベテランドライバーのようにだ。

ピットアウトするフェルナンド・アロンソ
ピットアウトするフェルナンド・アロンソ

 そして、37周目には初めてトップに立ったのだ。途中スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)の大きなアクシデントがあり赤旗中断で先頭でピットに戻ってきたが、その中断の間にもリズムを乱すことなく、アロンソは常にトップ争いに加わっている。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ/2017SGT
鈴菜(すずな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

フォーミュラV8 3.5 第5戦 アラゴン

EWC 世界耐久選手権 第4戦スロバキアリング8時間耐久レース(スロバキア)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第5戦鈴鹿

全日本F3 鈴鹿サーキット

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第3戦ポール・リカール

25日(Sun)

F2 第4戦アゼルバイジャン

第95回パイクスピーク・ヒルクライム

ブランパンGTシリーズ・アジア 第6戦鈴鹿

インディカー・シリーズ 第10戦ロード・アメリカ

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第8戦オランダGP

WTCC 第5戦ポルトガル(ビジャレアル)

F1 第8戦アゼルバイジャンGP

26日(Mon)

27日(Tue)

28日(Wed)