F1 ニュース

投稿日: 2017.06.20 07:31
更新日: 2017.06.20 07:32

F1史上初の3週連続開催へ。2018年カレンダーが承認。最多21戦、日本GPは10月7日


F1 | F1史上初の3週連続開催へ。2018年カレンダーが承認。最多21戦、日本GPは10月7日

 FIAは19日、世界モータースポーツ評議会会合を行い、21戦からなる2018年F1カレンダーを承認した。今回の暫定カレンダーには、F1史上初の3週連続開催が含まれている。

 F1のCEOチェイス・キャリーは、5月の段階で、2018年F1は21戦の開催が決定していると述べていた。今回FIAが発表した来季暫定カレンダーでは、すでに発表されているとおり、マレーシアGPが外れ、フランスGPとドイツGPが復活、そのため合計21戦と、再びF1史上最多の21戦に戻ることになった。

 ただし、中国とシンガポールに関しては「商業権保有者の確認を条件とする」との但し書きが付されている。

 開幕戦は3月25日、最終戦は11月25日と、今年と開催期間は変わらないなかで1戦増えることになり、フランス、オーストリア、イギリスは3週連続開催とされている。

 日程が大きく移動されたグランプリもあり、アゼルバイジャンが6月から4月に、ロシアが4月から9月に変更になった。ロシアは日本GPの前週の開催となる。鈴鹿での日本GPは第17戦として10月7日に組み込まれている。

 FIAは2018年ル・マン24時間レースの日程を6月16、17日と発表しており、F1との重複が回避された。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

au Circuit Queen
近藤みやび(こんどうみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング