F1 ニュース

2017.07.12

ハースF1、イギリスGP金曜にカーボン・インダストリー製ブレーキのテストを計画


F1 | ハースF1、イギリスGP金曜にカーボン・インダストリー製ブレーキのテストを計画

 ハースF1チームは、イギリスGP金曜フリー走行でカーボン・インダストリー製の新たなブレーキのテストを計画している。

 チームはこれまで、シーズンをとおしてブレーキの問題に常に悩まされてきた。現在使用しているコンポーネントはブレンボ製のものだけだが、4月に開催されたロシアGPのフリー走行において、カーボン・インダストリーの製品を試していた。

 ソチの決勝ではブレンボ製に戻したものの、切り替えの可能性については継続して検証を行っている。チーム代表のギュンター・シュタイナーは、今回のテストについて以下のように語った。

「金曜日にカーボン・インダストリー製ブレーキを搭載するという計画がある。FP1と、可能であればFP2まで両方のマシンで使用する。2回目となる今回の挑戦で、うまく動作するかを確認したい」

「もしうまく動作するようなら週末をとおして使用する。まずはFP1を終えてからでないと、はっきりしたことは言えない」

 ロシアGPで試した新たなブレーキがすぐに成功に繋がらなかったのは、冷却に問題があったからだという。チームの技術部門は、『VF-17』の空力面で妥協することなく、問題を解決できるよう取り組んでいるという。

シュタイナーは「空力チームはCFDで多くの作業を行った。CFDで得た情報をもとに、ブレーキディスクを調整しなければならなかった」と述べている。

 ハースが今週末のレースを新たなブレーキで走ることにこだわる理由は、シルバーストンが高速コースであり、ブレーキングが極めて重要になってくるからだ。シュタイナーは最後に、次のように語った。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング