F1 ニュース

2017.07.16

F1イギリスGP決勝:母国GPでハミルトンが圧巻の4連覇。フェラーリ2台はパンクに泣く


F1 | F1イギリスGP決勝:母国GPでハミルトンが圧巻の4連覇。フェラーリ2台はパンクに泣く

 7月16日現地時間13時、イギリスGP決勝が行なわれた。決勝前にはドライバーズパレードに続いてウイリアムズとルノーの40周年記念デモ走行が行なわれFW14Bやテスト車両6輪車FW08B、まさしく40年前の1977年7月16日にここシルバーストンでデビューしたルノーのRS01などが走行して歓声を受けた。 

 空は朝から雲に覆われているものの、雨は降ってこない。気温も比較的暖かく、気温は21度、路面温度は27度というコンディションでの決勝スタートとなった。

 トラブルのためマシンを止めQ1敗退となったダニエル・リカルドは予選後にパワーユニット一式を交換し、MGU-Hが今季5基目となったため追加で10グリッド降格ペナルティが科されたが、フェルナンド・アロンソが30グリッド降格を受けているため19番グリッドのままで変わりない。

2017年F1第10戦イギリスGP 決勝レーススタート
2017年F1第10戦イギリスGP 決勝レーススタート

 上位ではバルテリ・ボッタスのみがソフトタイヤ、14位以下は最後列のリカルドとアロンソ以外の全車がソフトタイヤでスタートし、それ以外はスーパーソフトタイヤでスタートに臨む。

 パーマーは母国GPで11番グリッドを獲得したにもかかわらずフォーメーションラップでハイドロトラブルが発生しハンガーストレートにストップ。これでエクストラフォーメーションラップとなりレースは51周に減算される。

 ポールポジションのはルイス・ハミルトンは無難なスタートで首位を守るが、3番グリッドのベッテルはホイールスピンが多くフェルスタッペンに先行される。ターン3で再逆転するもののフェルスタッペンはターン4~5でアウト側に並びかけて3位を奪い返した。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ ADVICS muta Racing fairies
斎藤みどり(さいとうみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング