F1 ニュース

2017.07.25

F1燃料違反問題:FIA、監視をさらに強化へ。イタリアGP以降の新規定を通達


F1 | F1燃料違反問題:FIA、監視をさらに強化へ。イタリアGP以降の新規定を通達

 FIAは、オイルを燃料として燃やすことを禁じると繰り返しF1チームに対して通達しているが、改めてイタリアGPから新たな規制を導入することを決めた。

 以前からメルセデスが予選になると大幅にパワーを上げることについて、エンジンオイルを燃料として燃焼してパワー向上を得るという違法な行為を行っているのではないかとレッドブルなどライバルたちは疑ってきた。3月にFIAは、レッドブルからの疑義を受け、どのような形であれエンジンオイルを燃料として燃焼させることはレギュレーション違反と見なされると明言、また、オイルの使用状況と化学成分について監視するとも述べた。
 メルセデスは違法な行為は一切行っていないと主張し、実際、不正は見つかっていない。しかし2018年にはオイルの不正使用を取り締まるため、さらに厳格な手段がとられることで、FIAとチーム側が合意している。

 一方で、現状では規則の抜け穴を活用する方法があるかもしれないと考えたFIAは、すべてのチームが確実に規則に従うよう、アゼルバイジャンGPを前に、改めてガイダンスをチームに通知し、オイルの化学成分のなかで、燃焼を向上させる効果を持つものの使用を禁止すると明言した。

 これはメルセデスが、タイトル争いのライバル、フェラーリに対する疑いを示したことによって取られた行動であるとの推測も持ち上がっていた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
白崎つかさ(しろさきつかさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング