F1 ニュース

2017.08.15

【あなたは何しに?】ガスコインが2シーターF1マシンのテクニカルディレクターに就任した理由


F1 | 【あなたは何しに?】ガスコインが2シーターF1マシンのテクニカルディレクターに就任した理由

 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。そんな人たちに、「あなたは何しに、レースに来たのか?」を尋ねる連載企画。今回は、元ケータハム・テクニカルディレクターであるマイク・ガスコインだ。 
————————————————————

 パドックの裏からハンガロリンクのコースを懐かしそうに見つめていた男がいた。2012年までケータハムでテクニカルディレクターを務めていたマイク・ガスコインだ。いったい、ガスコインはハンガロリンクに何をしに来ていたのか?

「このハンガリーGPから2シーターF1のテクニカルディレクターになったんだ」とガスコインは語る。

 2シーターのF1マシンが、今年のスペインGPからF1グランプリのサポートイベントとして催されるようになったという話は、以前F1 Topicでも触れた。このイベントはスペインGPの後、イギリスGPでも開催されたが、その後、ハンガリーGPに向けて、主催しているリバティ・メディアがガスコインにテクニカルディレクターを打診していたのだ。
 なぜ、ガスコインだったのか? その理由をガスコインは次のように説明してくれた。

「この2シーターF1の元になっているマシンは、ティレル026で、そのデザインを行なったのが私だったからだ」

 ティレル026は1998年のティレルのF1マシンで、高木虎之介がドライブしたマシンであり、かつティレルにとって最後のF1マシンでもあったため、ガスコインにとって「とても思い入れのあるF1マシンだった」という。

元ミナルディのオーナー、ポール・ストッダート

 そのガスコインへの打診をリバティ・メディアに働きかけたのは、元ミナルディのオーナーだったポール・ストッダート。ストッダートは数年前からオーストラリアGPでかつて自分がオーナーを務めていたミナルディのF1マシンを改良した2シーターカーを走行させるイベントを開催していた経験があるが、スペインGPから使用されている2シーターカーはティレル026を改造したものだったため、よりマシンに詳しいガスコインに協力をお願いしたという。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA ADVAN GAL
夏江花(なつえはな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング