F1 ニュース

2017.09.25

レッドブルの若手育成プログラムに4人の新人が加入。全員がカート参戦中の超若手


F1 | レッドブルの若手育成プログラムに4人の新人が加入。全員がカート参戦中の超若手

 レッドブル社が運営するドライバー育成プログラム、レッドブル・ジュニアチームは2018年に4人のドライバーを新たに迎え入れることになった。

 新たな4人のメンバーは14歳でノルウェー人のデニス・ホーガー(写真)、イギリス人で13歳のジョニー・エドガーとハリー・トンプソン、14歳でオーストラリア人のジャック・デューハン。デューハンはロードレース世界選手権の伝説的ライダーである、マイケル・デューハンの息子だ。現在は全員がカートに参戦している。

 4人はともに、今週末にイギリスで行われるCIK-FIAカート世界選手権にも出場する。

 メンバーのなかで最年少のエドガーとトンプソンは来シーズンもカートで参戦するものの、ホーガーとデューハンの2名はイギリスF4へと昇格し、アーデンに所属する予定となっている。

 レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは以下のように述べた。

「ポテンシャルを秘めたドライバーが多く登場するときもあれば、そうでないときもある」

「最近のジュニア・フォーミュラではF2、F3、GP3に数人見ただけで、他ではあまり多くの才能を発見できずにいた。それで初心に戻り、カートから年若いドライバーを迎え入れることにしたんだ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA ADVAN GAL
夏江花(なつえはな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング