F1 ニュース

2017.09.25

F1マレーシアGP 20人のタイヤ選択:メルセデスはライバルよりハード寄りに。マクラーレン・ホンダはSS重視


F1 | F1マレーシアGP 20人のタイヤ選択:メルセデスはライバルよりハード寄りに。マクラーレン・ホンダはSS重視

 2017年F1マレーシアGPに向けて各ドライバーが選んだタイヤ配分が明らかになった。

 F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、今年のマレーシアGPには昨年より一段ソフト寄りのホワイト・ミディアム、イエロー・ソフト、レッド・スーパーソフトを持ち込む。

 決勝用にキープしておかなければならないのはミディアムとソフト1セットずつ、予選Q3用に維持する義務があるのはスーパーソフト1セットとなっており、残りの10セットは各ドライバーが自由に選択できる。

 トップ3チームを見ると、メルセデスはルイス・ハミルトンがミディアム1・ソフト5・スーパーソフト7、バルテリ・ボッタスがミディアム2・ソフト4・スーパーソフト7とチーム内で分かれた。レッドブルのダニエル・リカルドはミディアム1・ソフト4・スーパーソフト8を選び、チームメイトのマックス・フェルスタッペンおよびフェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンはミディアム1・ソフト3・スーパーソフト9という配分とした。

 全20人中、最も硬い組み合わせだったのはボッタスで、同じ選択をしたのはケビン・マグヌッセンとマーカス・エリクソンのみだった。

 最もソフト寄りのミディアム1・ソフト2・スーパーソフト10を選んだのは、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーン、ウイリアムズのフェリペ・マッサとランス・ストロールだった。

 第15戦F1マレーシアGPは9月29日から10月1日に開催される。

2017年F1マレーシアGP全ドライバータイヤ選択


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング