F1ニュース

2017.10.06

マッサ、ディ・レスタとクビカのテストに疑問。「旧型F1マシンでは評価できない」


 ウイリアムズF1チームは、2014年仕様のマシンでポール・ディ・レスタとロバート・クビカの走行テストを行うが、このテストでチームが真の結論を引き出すことができるのかを、フェリペ・マッサは疑問に思っている。

 ウイリアムズは来シーズンのドライバー候補を検討しており、来週シルバーストンでディ・レスタとクビカの走行テストを行う予定だ。テストでは、通常はランス・ストロールがプライベートテストプログラムで使用している2014年型シャシーを用いる。

 ウイリアムズは双方のドライバーを2日間のテストで評価することに意欲的だ。しかしながら、2018年のドライバー候補としていまも検討対象であるマッサは、4年落ちのマシンで有用な情報が得られるのかを疑問視している。

 マッサは日本GPの木曜日に行われた記者会見において、以下のように語った。

「僕にとっては何も変わらない」

「ウイリアムズは、僕がチームに何をもたらすことができるか100パーセント分かっている。4年前のマシンでテストを行っても、それは今のマシンとはまったく違うものだ。評価できることはそれほどないよ」

 36歳のマッサは2018年もチームに残りたいとの意志を表明しているが、自分には決定権がないことを認めている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングレースクイーン/2017SGT
柳本絵美(やなぎもとえみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)

18日(Mon)

19日(Tue)

20日(Wed)

21日(Thu)