F1ニュース

2017.10.08

F1日本GP決勝:ハミルトンが優勝、ベッテルは無念のリタイア。マクラーレン・ホンダはあと一歩届かず


 10月8日午後2時、日本GP決勝が行なわれた。朝から快晴の好天に恵まれ、気温25度、路面温度は42度と、この時期の日本GPにしては暑いコンディションになった。

 パワーユニットやギヤボックスの交換でバルテリ・ボッタス、キミ・ライコネン、ジョリオン・パーマー、カルロス・サインツJr.、フェルナンド・アロンソがグリッド降格ペナルティを科され、エステバン・オコンが5番グリッド、ストフェル・バンドーンは9番グリッドなどに繰り上がり、サインツとアロンソは最後列からのスタートとなっている。

 Q2でソフトタイヤを履いてタイムを記録したボッタスとライコネンに加え、ニコ・ヒュルケンベルグ、そして後方グリッドのザウバー勢、パーマー、サインツがソフトタイヤでスタートする。

 スタートでポールのルイス・ハミルトンは首位を守り、セバスチャン・ベッテルも2番手をキープ。後方ではマックス・フェルスタッペンが1コーナーでダニエル・リカルドを抜いて前に出る。フェルスタッペンはさらにヘアピンでベッテルのインを突いて2番手に浮上。ライコネンはヒュルケンベルグにスプーンでインを突かれてコースオフし大きくポジションを落とす。

2017年F1第16戦日本GP スタート前にカウルを開けて作業するセバスチャン・ベッテルのマシン

2017年F1第16戦日本GP スタート前にカウルを開けて作業するセバスチャン・ベッテルのマシン

 グリッド上でカウルを開けて作業をするなどトラブルを抱えているベッテルは、フォーメーションラップでもステアリングボタン操作で復旧をトライするが治らず、メインストレートに戻って来たところでボッタスにまで抜かれるなどポジションを落としていく。

 サインツが1周目の逆バンクでオフラインにはみ出しでスピンオフしており、ここでセーフティカーが導入される。4周目にレースが再開されるがベッテルはさらに抜かれていき、そのままピットに戻ってリタイア。

 順位はトップにハミルトン、2番手フェルスタッペン、3番手オコン、4番手リカルド、5番手ボッタス、6番手セルジオ・ペレスの順で、1周目のターン2で行き場を失いアウト側に押し出されたバンドーンは大きく後退し、ピットインしたランス・ストロールとパスカル・ウェーレインの前15番手、アロンソは14番手と後方に沈んでしまった。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

Team LeMans circuit lady/2017SF
青山由美子(あおやまゆみこ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Wed)

19日(Thu)

20日(Fri)

21日(Sat)

22日(Sun)

ELMS 第6戦ポルティマオ

MotoGP 第16戦オーストラリアGP

スーパーフォーミュラ 第7戦鈴鹿サーキット

F1 第17戦アメリカGP

23日(Mon)

24日(Tue)