F1ニュース

2017.10.11

クビカとトロロッソF1の契約をマネージャー、ロズベルグが否定「リスクが大きすぎる」


 スクーデリア・トロロッソが次戦F1アメリカGPにおいてどのドライバーを走らせるのか、注目が集まっている。うわさに上がる多数のドライバーのなかにロバート・クビカも含まれていたが、マネジメントを担当するニコ・ロズベルグが、クビカのスポット参戦を否定した。

 カルロス・サインツJr.がアメリカGPからルノーに移籍することが決まり、トロロッソはオースティンでダニール・クビアトとピエール・ガスリーを走らせるといったんは発表した。しかしこれは実は決定事項ではなかったことが後に明らかになり、ガスリーが10月22日にアメリカGPではなく鈴鹿でのスーパーフォーミュラ最終戦に出場する可能性が出てきた。ガスリーはスーパーフォーミュラで現在ドライバーズランキング2位につけているため、レッドブルは来年からトロロッソのパワーユニットパートナーとなるホンダを尊重し、ガスリーのF1起用を諦める旨の発言も行っている。

 クビアトの代わりに今シーズンのマレーシアGPと日本GPに参戦してF1デビューを果たしたガスリーが、オースティンにおいてトロロッソで走らない場合、レッドブルは1戦限りの代役を見つけなければならない。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングレースクイーン/2017SGT
柳本絵美(やなぎもとえみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)

18日(Mon)

19日(Tue)

20日(Wed)

21日(Thu)