F1 ニュース

2017.10.21

F1アメリカGP:雨のFP1はハミルトンがトップ、F1デビューのハートレーは14番手


F1 | F1アメリカGP:雨のFP1はハミルトンがトップ、F1デビューのハートレーは14番手

 10月20日、現地時間午前10時、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでUSGPのフリー走行1回目のセッションが行なわれた。朝からどんよりと曇が多く時折小雨が降るような天気で、路面はダンプコンディション。気温は19度、路面温度は23度、セッション中の降水確率は20%となっている。 

 路面はダンプで、各車ともインターミディエイトタイヤでインスタレーションチェックを行なう。縁石はまだ完全に濡れていて滑りやすい。セバスチャン・ベッテル、マーカス・エリクソンらが来季導入予定の安全デバイス“ハロ”をテストしている。

 ストフェル・バンドーンが8基目のICE、ニコ・ヒュルケンベルグは5基目のICEとTC、6基目のMGU-Hなど、デビュー戦のブレンドン・ハートレーは6基目のICEとMGU-H、5基目のES、5基目のCEを投入してグリッド降格ペナルティが決まっている。

 セッション開始から10分を過ぎると雨脚が強まり、路面はさらにスリッパリーに。ダニエル・リカルドはターン9出口、ダニール・クビアトに代わって走行のショーン・ゲラエルはターン15の出口、エステバン・オコンはターン19の出口で縁石に乗ってスピンを喫したが、マシンにはダメージなく走行を続けている。ザウバーのパスカル・ウェーレインのクルマにはシャルル・ルクレールが収まってFP1を担当している。

 ピレリは来季に向けたプロトタイプのインターミディエイトを支給しており、各車ともこのタイヤを試してフィーリングを確認していく。フェルスタッペンは「すごく良いフィーリングだ」とそのグリップ感に好評価を与えている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング