F1 ニュース

2017.10.22

【あなたは何しに?】ベルトラン・ガショーとフォース・インディアとの意外な関係


F1 | 【あなたは何しに?】ベルトラン・ガショーとフォース・インディアとの意外な関係

 F1シーズンを転戦していると、いろいろな人との出会いがある。そんな人たちに、「あなたは何しに、レースに来たのか?」を尋ねる連載企画。今回は元F1ドライバーで、現在はビジネスマンとして世界中を飛び回っているベルトラン・ガショーだ。

——————————

 ベルトラン・ガショーという名前を聞いて、「あ~、あの」とピンと来る人は、相当のF1ファンといえるだろう。1980年代から90年代初めにかけてのF1ドライバーで、1991年のルマンではマツダロータリーエンジンで優勝も果たした。しかし何より、『ミハエル・シューマッハーのF1デビューを助けた男』として人々の記憶に残っている。

 1991年、新規参戦のジョーダンにコローニ・スバルから移籍したガショーはコンスタントに入賞を重ね、絶賛売り出し中だった。ところがロンドンでタクシー運転手と口論になり、催涙スプレーを顔に吹きかけて撃退。それが過剰防衛に問われ、刑務所に収監されてしまう。

 その間に行われたのがベルギーGPで、代役でデビューしたのがシューマッハーだったのである。この週末にはガショーの釈放を嘆願する支援キャンペーンが行なわれ、アラン・プロストやネルソン・ピケなど錚々たる面々もデモに参加した。しかしシューマッハーの鮮烈デビューで、ガショーは一気に影が薄くなってしまい、数年後に寂しくF1キャリアを終えた。

 だがガショーは引退後、ビジネスマンとしての大転身に成功する。エナジードリンクHype Energyの経営権を取得し、CEOに就任したのである。今ではプライベートジェットで世界中を飛び回り、「F1にも年に数回は来ている」という。筆者もパドックですれ違っていたはずなのだが、「これだけ太ったら、わからないのは当然だよ」と、気さくな性格は昔のままだ。

 今回偶然出会ったのはフォース・インディアのホスピタリティ。前身は奇しくも彼が所属していたジョーダンであり、今はここのスポンサーである。
「元F1ドライバーで、チームのスポンサーになってるのは、おそらく世界中で僕だけだろうね。今ではテクニカル・ディレクターを努めるアンドリュー・グリーンは、当時は僕の担当エンジニアだったんだよ」

 91年は、人生で最悪の1年だった?

 「最悪であり、最良の1年だった。F1キャリアで、ベストの成績を上げたシーズンだったからね。あんな事件を起こしてなければ、と何度も思ったし、今も悔いは残る。でも今こうして充実した毎日を送ってることには、100%満足してるよ」

 人生の第2ラウンドで再起を果たしたガショーは、実にいい顔をしていたのだった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA ADVAN GAL
夏江花(なつえはな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング