F1 ニュース

投稿日: 2017.10.24 14:23
更新日: 2017.10.24 14:24

ラウダ「裁定は行き過ぎ」としてF1アメリカGPでのフェルスタッペンの走りを擁護


F1 | ラウダ「裁定は行き過ぎ」としてF1アメリカGPでのフェルスタッペンの走りを擁護

 F1アメリカGPで、マックス・フェルスタッペンにペナルティを科すとしたスチュワードの判断が物議を醸している。この件でメルセデスのノンエクゼクティブチェアマンであるニキ・ラウダは、フェルスタッペンを擁護した。

 フェルスタッペンはアメリカGPの最終ラップにおいて、ターン17のイン側から目を見張るようなオーバーテイクをしかけ、キミ・ライコネンから3位のポジションを奪い取った。

 しかしその後、彼は5秒加算のペナルティを言い渡されて4位に順位を下げている。この裁定はパドックにいる多くの関係者やファンとっては、受け入れ難いものだった。

「これまで私が目にした中でも最悪の判断だ。彼(フェルスタッペン)は何も悪くない。我々はレーシングドライバーで、ここは公道ではない。このような裁定でこのスポーツを台無しにするとは、馬鹿げた話だ」と、常に率直なラウダは語った。

 ラウダは、ドライバーがより自由にバトルができるよう、たとえトラックの境界線を越えたとしても寛大な裁定を行うことを、昨年のうちにF1がスチュワードに対し要請したことを強調した。

「我々はスチュワードから、レース中の裁定を迅速にできないか話を聞いていた。なぜなら常に『審議中』となっているからだ。我々はそれに対して不満を述べたのだ」

「その場にはスチュワードたちがいて(ジャン・)トッドが全員に尋ねた。チャーリー(・ホワイティング)も、我々もいた。そして我々全員が、危険な行為でないかぎりスチュワードは干渉しないことで合意に至った」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング