F1ニュース

2017.10.25

フェラーリ・ドライバー・アカデミーにFルノー参戦中のシュワルツマンが加入


 フェラーリのドライバー育成プログラムのラインアップに、ロバート・シュワルツマンが加わることになった。

 シュワルツマンはフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)に選ばれた初のロシア出身ドライバーだ。このプログラムは、モータースポーツにおける若手ドライバーのキャリア育成を支援していることで知られている。

「フェラーリ・ドライバー・アカデミーの育成プログラムに在籍できるのは、僕にとって新たなレベルに到達するための素晴らしいチャンスだ。できることはすべてやるつもりだし、2018年にはすぐに結果が出るだろう」と、シュワルツマンはロシアのTASS通信に語った。

 現在SMPレーシングの支援を受ける18歳のシュワルツマンは、5歳でカートレースを始めた。2014年にはシングルシーターへと昇格し、イタリアンF4に参戦している。その翌年はミュッケ・モータースポーツから選手権にフル参戦。2度の優勝を飾り、総合ランキングで3位となった。

 2016年、シュワルツマンはユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0およびフォーミュラ・ルノー2.0 NECに活動の場を移した。当初は現シリーズ王者のヨセフ・カウフマン・レーシングから参戦していたが、2017年にR-ace GPに移籍している。

 彼は今シーズン、モンツァ、シルバーストン、ポー、ニュルブルクリンクにおいて4度の優勝を飾っており、スペインでの1戦を残すところとなった現在はドライバーズランキング4位につけている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

グッドイヤー/2019TAS
吉川ゆの(よしかわゆの)

Photo Ranking

フォトランキング