F1 ニュース

投稿日: 2017.11.01 15:06

【F1メキシコGP無線レビュー】週末を通してルノーPU勢にトラブル多発「ノーパワー、ノーパワー!」


F1 | 【F1メキシコGP無線レビュー】週末を通してルノーPU勢にトラブル多発「ノーパワー、ノーパワー!」

 標高2200mの高地メキシコシティでは、パワーユニットが悲鳴を上げた。空気の薄さによるパワー低下をカバーするために通常よりも高い回転数でターボを回し過給圧を上げなければならず、その反面、空気が薄いがために冷却は厳しくなる。そのダブルパンチに上手く対応できなかったのが、ルノーだった。 

 その兆候は金曜午前のフリー走行1回目から早くも現われた。ブレンドン・ハートレーのマシンがターン4に止まり、MGU-Kによる再起動でなんとかピットに戻った。

ハートレー(以下、HAR)「エンジンが止まった。TCの熱でエンジンが止まったみたいだ」

トロロッソ(以下、STR)「P1にしてそのままスタンバイしてくれ……。MGU-Kで再起動してP2に」

HAR「エンジンが掛かったよ。大丈夫そうだ。走っても良いかい?」

STR「イエス、走って良いよ」

 そして金曜午後にはトロロッソの2台ともにトラブルが発生した。ピエール・ガスリーは10周しかできず、40周走ったハートレーも問題を抱えた。

HAR「T5のエイペックスでエンジンから変な音がしている」

STR「OK、了解」

HAR「ストレートエンドでフィーリングがおかしい」

STR「了解、チェックしている。エンジンか?」

HAR「エンジンだ」

STR「BOX、BOX」


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング