F1ニュース

2017.11.14

F1ブラジルGPは「パフォーマンスを犠牲にしてでも信頼性を重視した」とレッドブル


 レッドブルF1代表のクリスチャン・ホーナーは、先日のブラジルGPではチームが信頼性に重きを置いたために、パフォーマンスが犠牲になったと述べている。

 過去数レースでルノー製エンジンの不調が相次いだため、レッドブルはメカニカルトラブルに見舞われることなく日曜の決勝レースをフィニッシュするために、慎重になっていた。

 ホーナーがレース後にSky Sportsに語ったところによると、レッドブルはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドの両パワーユニットの信頼性改善のために、パフォーマンスを少し犠牲にしていたのだという。

「信頼性に明らかな懸念があり、エンジンをかなりいたわって走っていた」

「長い最終セクターのあるこのサーキットのレイアウトは、我々にとってメキシコよりも厳しいものだと思う。中間セクターでタイムを補う必要があったのは間違いないが、それができなかった」

 ホーナーはエンジンのせいでタイムがコンマ数秒遅れたとしており、これが先頭集団のライバルであるフェラーリやメルセデスとの差につながっていたと話す。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース