F1ニュース

2017.12.12

F1 Topic:2段階柔らかくなった2018年のタイヤ選択に頭を悩ませるエンジニアたち


「2018年のF1はタイヤが勝敗を大きく分ける要因となるだろう」  

 最終戦アブダビGPで、2017年にダブルタイトルを獲得したメルセデスのロイック・セラは、そう言って勝って兜の緒を締めていた。セラは現在、メルセデスでビークル・エンジニアリングのチーフエンジニアを務めているが、それ以前はミシュランに所属し、タイヤに精通している。そのセラが2018年はタイヤが重要だと分析するのは、アブダビGPで発表されたピレリの新しいコンパウンドに関係している。

 この発表でピレリはハードより硬いスーパーハードとウルトラソフトよりも軟らかいハイパーソフトの2つの新しいコンパウンドを追加した。しかし、変更はそれだけではない。全コンパウンドを以下のように、1ポジションずつ軟らかいものにスイッチした。これによって、「実際には2017年に使用していなかった新しいコンパウンドは2種類増えたことになる」(セラ)というのだ。

 どういうことか? 2018年のコンパウンドのラインアップを2017年のものと比較して説明しよう。

2017年→2018年
ハード→スーパーハード
ミディアム→ハード
ソフト→ミディアム
スーパーソフト→ソフト
ウルトラソフト→スーパーソフト
なし→ウルトラソフト
なし→ハイパーソフト

 このように2018年はハイパーソフトだけでなく、ウルトラソフトも今シーズンは使用したことがない、新しいコンパウンドになるのだ。ピレリのマリオ・イゾラ(ヘッド・オブ・カーレーシング)によれば、「1ポジションずつ軟らかいものにスイッチしたうえに、さらに新しいハイパーソフトを追加したことで、実際には2ポジション軟かくなったと言っていい」という。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

グッドイヤー/2019TAS
吉川ゆの(よしかわゆの)

Photo Ranking

フォトランキング