F1 ニュース

2018.01.07

ソーシャルメディアを“解禁”したF1、2017年シーズンはテレビ視聴者数も増加傾向に


F1 | ソーシャルメディアを“解禁”したF1、2017年シーズンはテレビ視聴者数も増加傾向に

 リバティ・メディアがF1の経営権を握りデジタル分野に取り組んだため、F1のソーシャルメディア配信は2017年に大きな成長を遂げた。

 フォーミュラ・ワン・グループによると、F1はフェイスブック、インスタグラム、ツイッターでのフォロワー数が1190万人となり、前年に比べて54.9パーセントの増加を見せた。

 F1のソーシャルメディアにおける成長は、フォーミュラE、UEFAチャンピオンズリーグ、NFL、NBAのソーシャルメディアでの成長率をしのぐものとなった。

 しかしながらこうした2017年の成長は、F1にとって達成が容易なものであったことにも注目するべきだ。元F1最高権威者のエクレストンはデジタルプラットフォームを重視しておらず、彼が権限を握っていた時代にはソーシャルメディアへの露出が少なかったからだ。

 さらに、F1はインターネットに関してはいまだ黎明期にあり、ソーシャルメディアでのフォロワー総数では、UEFAチャンピオンズリーグ、NBA、英国プレミアリーグといったスポーツには及ばない。

 2017年はテレビ視聴者数も増加傾向にあり、F1の人気が高い20のマーケットでは6.2%の上昇が見られた。

 フェラーリが好調だったことにより、イタリアでは19.1パーセントの成長があった。一方で中国(42.2パーセント)、スイス(14.3パーセント)、デンマーク(14.1パーセント)、ブラジル(13.4パーセント)でも視聴者数の著しい伸びが見られている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

T-DASH JLOC エンジェル
姫山愛菜(ひめやまあいな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング