F1ニュース

2018.01.20

F1の“無冠の帝王”スターリング・モスが引退。息子が公式サイトにメッセージを掲載


 モータースポーツ界の伝説的人物である88歳のサー・スターリング・モスが、公の場から引退することを表明した。理由は、自身の健康と家族との時間を大切にするためだという。F1のタイトルこそ獲得しなかったものの、“無冠の帝王”モスについては多くが偉大なドライバーであると認めている。

 彼の息子であるエリオット・モスが、公式ホームページに引退に関するメッセージを以下のように掲載した。

「近況を知るために、このサイトを訪れくれる父のたくさんの友人や、世界中にいるファンの皆さんへ。父が引退を決意したことをお知らせします」

「2016年末に深刻な感染症にかかった父は、回復に時間がかかっていました。不屈の精神を持つ男でしたが、88歳になって、ついに引退することになったのです。これからは母や他の家族との時間をより長くとり、ゆっくりと過ごすことになります」

「モス家のメンバー全員が、これまで受けた皆さんからの愛とサポートに感謝しています。皆さんの2018年が、幸せで豊かなものとなりますように」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2018 Drift Dreamers/2018D1GP
津田知美(つだともみ)

Photo Ranking

フォトランキング