レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.06.03 09:02
更新日: 2016.06.04 09:21

マクラーレン、来季マシン開発にリソース半分を振り分け

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | マクラーレン、来季マシン開発にリソース半分を振り分け

 マクラーレン・ホンダのレーシングディレクター、エリック・ブーリエが、現時点では、今年用と来季用にリソースを半々に振り分けてマシン開発を行っていると語った。

 2017年にはF1テクニカルレギュレーションが大きく変更され、ラップタイムを大幅に短縮することを狙い、車幅、タイヤ、ウイング、ディフューザーの幅が広げられる。コクピット保護デバイスなどの問題もあり、すべての要素が確定したわけではないが、ブーリエは、チームのリソースの半分を来季マシン開発に当てていると述べた。

「レギュレーションに関する最終的な決断を待たなければならなかった。そのためリソースをスイッチするのを、ある程度延期せざるをえなかった」とブーリエ。

「現段階では50/50で作業に当たっており、現行マシンの開発も続けている」


関連のニュース