F1 ニュース

2018.02.03

元F1最高権威者エクレストン、グリッドガール廃止は「上品ぶっているだけ」と批判


F1 | 元F1最高権威者エクレストン、グリッドガール廃止は「上品ぶっているだけ」と批判

 元F1最高権威者のバーニー・エクレストンは、F1が2018年にグリッドガールを廃止する決断をしたことを批判している。

「彼女たちはショーの一部だ。ファンは華やかさを好む。彼女たちはショーの一部であり、見世物の一部なのだ」と87歳のエクレストンはSun紙に語った。

「グリッドガールを使えるようにするべきだ。ドライバーは彼女たちが好きだし、観客もそうだ。誰も気にかけてなどいない。美しい女の子がボードを持ってドライバーとF1マシンの前に立つことが、どうしたら誰かにとって不快なこととなり得るのか、理解できない」

 エクレストンは、今回の件は人々が“上品ぶるようになっている”ことの一例だと付け加えた。

 Sun紙のフロントページには、廃止の判断が“フォーミュラ・ダム”(馬鹿げた様式)であると表明されている。小見出しには“場を白けさせる者たちがグランプリのグリッドガールを禁止に”とある。

 パートタイムでグリッドガールをしているシャーロット・ガッシュは、BBC Radio 5のインタビューでF1の判断に「うんざりした」と語り、以下のように付け加えた。

「腹立たしいです。F1は政治的に正しくあるために、少数派の意見に屈したのです。幸運にも私はすべての収入をグリッドガールの仕事に頼っているわけではありませんが、そうしている女性たちもいるのです」

「グリッドガールが、グリッド上で美しくあるための存在であることは知っています。でも私の役割は観衆と触れ合うこと。私たちはスポンサーの宣伝をするためにグリッド上にいます。私たちはこの仕事を愛していますし、取り上げられたくありません」

 しかしながらシルバーストンのマネージングディレクターであるスチュワート・プリングルは、グランプリイベントにおいて“時代遅れ”なグリッドガールの慣習を終わらせるというF1の決断を支持している。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA ADVAN GAL
夏江花(なつえはな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング