F1ニュース

2018.02.09

ルノーF1、「21戦3基」のエンジン規則撤廃をいまだ諦めず


 ルノー・スポールF1のボス、シリル・アビテブールは、エンジンを年間3基の使用に制限する2018年の規則を変更することを諦めていないと語った。

 FIAは、パワーユニットにかかる費用を削減するため、シーズン中に使用できる基数を徐々に引き下げている。2017年は全20戦でドライバーが使用できるパワーユニットの6エレメントは最大4基に制限され、これを超えると追加するたびにグリッド降格ペナルティを科された。しかし2018年には21戦にカレンダーが拡大するにもかかわらず、6エレメントのうちエンジン(ICE)、MGU-H、ターボチャージャーは3基に、エナジーストア、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kは2基に制限される。

 エンジン3基という制限は行き過ぎであり、コスト削減にもつながらないと、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーなど何人かのチーム関係者が批判的な発言を行っている。しかし1月に開催されたストラテジーグループ会合において、エンジン基数制限を3基から4基に引き上げるという提案が再びなされたものの、反対者がいたためにこれが却下された。

 アビテブールは、ルノーは新規則に対応した信頼性の高いパワーユニットを作ることができると主張する一方で、3基制限は撤廃すべきだとの考えを示した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています