F1 ニュース

2018.02.16

ウイリアムズF1、2018年型『FW41』を発表。過去のコンセプトから脱却、空力パフォーマンス向上を果たす


F1 | ウイリアムズF1、2018年型『FW41』を発表。過去のコンセプトから脱却、空力パフォーマンス向上を果たす

 ウイリアムズ・マルティーニ・レーシングが、2月15日、イギリス・ロンドンで2018年F1体制発表会を行い、新車『FW41』の画像を初披露した。

 FW41・メルセデスは、昨年初めにメルセデスから移籍し、現在ウイリアムズでチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウの指揮のもとで設計された最初のマシンであり、2017年型FW40から大きな変更がなされたとチームは述べている。ロウ、チーフデザイナーのエド・ウッドに加え、2016年の夏までフェラーリに所属し昨年序盤ウイリアムズに加入した空力部門ボス、ディルク・デ・ビアのインプットも強く反映されている。

 ウイリアムズはレースドライバーにF1での2年目を迎える19歳のランス・ストロールとルーキーで22歳のセルゲイ・シロトキンというチーム史上最も若いペアを起用した。最後までレギュラーの座を争ったロバート・クビカは、リザーブ&開発ドライバーとして2011年の事故以来初めてF1の世界に戻ってくる。

 チーム副代表クレア・ウイリアムズは、「新しいシーズンに向け、エキサイティングな新ドライバーラインアップとともに、ニューマシンを発表することができて興奮しています」と語った。
「何カ月にもわたってチームはこのFW41の製作に力を注いできました。ランスとセルゲイが今月末にコースで走行するのを見るのが楽しみです」


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング