F1 ニュース

2018.03.05

「レッドブル・ホンダ誕生で不利になることはない」と現ワークスのトロロッソF1


F1 | 「レッドブル・ホンダ誕生で不利になることはない」と現ワークスのトロロッソF1

 スクーデリア・トロロッソのテクニカルディレクター、ジェームズ・キーは、2019年に姉妹チームのレッドブル・レーシングも同じホンダのパワーユニットユーザーになる場合、それはチームにとってプラスの効果をもたらし、決して不利にはならないと語った。

 トロロッソは2018年からホンダのパワーユニットを搭載、今年に関してはホンダと独占的な契約を結んだワークスチームとして活動している。

 レッドブルは長年のパートナーであるルノーとの契約を2018年末で終了する可能性があり、その場合はホンダにスイッチすることになるかもしれない。レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、第1回プレシーズンテストの際に、2019年以降のパワーユニットについてのプランは現時点では白紙であるとして、ホンダのパフォーマンスを注視し、その上で決断を下すと述べた。ルノーはレッドブルに対して5月には来年のプランを定めるよう求めている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング