F1 ニュース

投稿日: 2018.03.14 15:05

ピレリ、F1合同テストで得られた新コンパウンド各種のスピード差データを分析中


F1 | ピレリ、F1合同テストで得られた新コンパウンド各種のスピード差データを分析中

 ピレリは現在、2週にわたって行なわれたF1プレシーズンテストの結果分析に追われている。各コンパウンドが2018年型マシンのパフォーマンスに与える影響を確認しようとしているのだ。

 ピレリのカーレーシング部門責任者であるマリオ・イゾラは、今回のテストで各タイヤ間の相違ないし差分について、明確な認識を持つことができていると話す。

「今シーズンの現段階で、各コンパウンド間のパフォーマンスの差異を良く理解することができた」とイゾラ。

 ピレリは今季、F1用タイヤレンジに新たにハイパーソフトを導入した。これについては「ウルトラソフトとハイパーソフトの間には約0.7秒の差分があった。これは我々の予想と一致している」とイゾラは説明している。

「先週の第1回テストは悪天候で不安定なスタートとなったが、今週の第2回は典型的なレースコンディションに恵まれて、結果的には非常に実り多いプレシーズンテストになったと言える。我々の期待どおりだった」

 荒れ模様のコンディションに終わった第1回テストからでさえ、有用なデータが得られたという。

「各チームがウエットタイヤの性能を評価し、その使いどころを見極めることができた」

 イゾラは、各タイヤのパフォーマンス比較は「チームごとの平均値データ」に基づいていると話す。またハイパーソフトについては、2017年最終戦後のアブダビテストの結果を基準として、それぞれ評価を行なったと述べた。

 セバスチャン・ベッテルは、3月8日にハイパーソフトで非公式ながらサーキットのトラックレコードを更新している。彼が出した1分17秒182のタイムは、カタルニア・サーキットにおける最速ラップとなった。

 2018年は、ミディアムタイヤを除くすべてのコンパウンドで材料の配合が変更された。ピレリは、新しいソフトタイヤからミディアムまでの間には0.8秒のパフォーマンス差があると推定している。

 タイヤレンジのもう一極に位置するハードタイヤのパフォーマンスについては、そこまで明確な結果が得られていない。イゾラによれば、現時点で評価ができるだけの十分なデータが揃っていないのだと言う。

 イゾラは「まだデータが豊富ではない。(木曜日に)メルセデスとザウバーが使用しただけだからだ」と説明した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
野田桃加(のだももか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング