F1 ニュース

投稿日: 2018.03.20 11:48
更新日: 2018.03.20 11:59

松田次生のF1目線:トロロッソ・ホンダ内のライバル対決でガスリーを応援するワケ


F1 | 松田次生のF1目線:トロロッソ・ホンダ内のライバル対決でガスリーを応援するワケ

 スーパーフォーミュラの元チャンピオンにして、現在もスーパーGTで活躍中の松田次生選手(MOTUL AUTECH GT-R)がシーズン中のF1について語るF1速報WEBの連載企画。開幕直前となる初回はオートスポーツWEBにも掲載してお届けします。

——————————-

 テストを見ていると、メルセデスは一発は出さずにロング重視でやっているようですね。クルマの方向性は、ロングホイールベースでレイクもあまりついていない。それは昨年から引き継いでいる。昨年、回り込んだレイアウトのコースではさすがに劣勢を強いられて、それをどう対策してくるか。

 タイムだけ見ているとフェラーリの方が一発は出ています。フェラーリは昨年は予選が課題だった。今年はクルマをそっち方向に振ってみたけど、今度はロングがつらいよね、となる可能性もあります。どちらに振って作り込んでくるかが注目です。燃料が重いときはレッドブルが速そうな雰囲気ですね。

 とはいえフタを開けてみないと本当のところは分からないですね。もしかしたらメルセデスがぶっちぎってしまうかもしれません。あと、今季はタイヤの種類が増えて、その使い方が大事になってくるでしょう。タイヤにどうクルマをアジャストしていくかが見どころです。

 トロロッソ・ホンダは中団グループから上位くらいのレベルまでいくのではないかと思います。ただしテストでは周回数は結構稼いでいたけど、燃費は分からない。その点は懸念材料ではあります。一発なら昨年のマクラーレンレベルにいく雰囲気はありますよね。僕はトロロッソはマクラーレンと同じくらいのポテンシャルと見ています。

 マクラーレンに関しては、サイドポンツーンがあんなに小さくて大丈夫かなと思います。エアロパッケージはドラッグが少なそうで、空力効率は良さそうだけど、冷却に関してはどうか。熱害で決勝を走りきれなかったりするかもしれません。

2017年のル・マン24時間で優勝を飾ったブレンドン・ハートレー

 ドライバーに目を向けると、ルイス・ハミルトンがどこまでのモチベーションか、ですね。マックス・フェルスタッペン、ルノーのカルロス・サインツJr.、ニコ・ヒュルケンベルグにも注目しています。

 あとトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーがライバル同士でどう戦うか。ガスリーの方が前にいてくれないと、「日本よりWECの方がレベル高いのか」と思われてしまうので、ぜひがんばってもらいたい。あと、フェルナンド・アロンソとマクラーレンはもう『ホンダ』を言い訳にはできません。その走りは違う意味で注目です!

2018年 スーパーGTで戦う松田次生

■松田次生
1997年にSRS-Fに入校し、スカラシップを獲得。同期には佐藤琢磨がいた。翌98年に全日本F3に参戦し、99年のマカオF3では4位を獲得。2000年より国内最高峰のカテゴリーであるFニッポン、スーパーGT(GT500クラス)への参戦を開始し、07年、08年にはFニッポンで史上初となる2連覇を達成。さらに14年・15年にはスーパーGTシリーズチャンピオンも獲得。18年も引き続きスーパーGTに参戦する。


関連のニュース

本日のレースクイーン

TWSプリンセス
涼野はるか(すずのはるか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング