F1 ニュース

投稿日: 2018.03.22 15:04
更新日: 2018.03.22 15:05

【特別インタビュー】ホンダF1田辺豊治TDに聞く就任までの経緯と現場力、トロロッソとの手応え


F1 | 【特別インタビュー】ホンダF1田辺豊治TDに聞く就任までの経緯と現場力、トロロッソとの手応え

 いよいよ開幕を迎える2018年のF1シーズン。今季、マクラーレンからトロロッソへとパートナーを変更するホンダの、新たな挑戦が幕を開ける。今季ホンダF1の現場を率いるのは、ゲルハルト・ベルガーの担当エンジニアとしてホンダのF1活動第2期を戦った田辺豊治氏。昨年のインディ担当から、今季はホンダF1のテクニカルディレクターを務めることになった田辺氏に就任までの経緯、そしてトロロッソとの作業の手応えを聞いた。

──これまでやってきた第2期、第3期と現在のF1との共通点や違いはどのように認識していますか?

「共通点は戦いに参加している人すべてが、勝つために参加しているというところです。ある程度の制限があるとはいえ、そこに金と時間を惜しまない。そこは変わらないと思います。違いの部分で言うと第2期、第3期はエンジンサプライヤーでしたが、PU(パワーユニット)サプライヤーという形に変わっています。大きく電気モノが入ってきたというところが違うのですが、技術的には大きく違うものの動力源をサプライ(供給)するという意味で考えると、基本的なところはあまり変わらないと思います。F1に挑戦するということは過去も今もあまり変わらないと感じています」

──最近までやられていた、アメリカのインディとの違いや共通点というものはどんなものでしょうか?

「インディでは基本的にシャシーは一緒で、エンジンはチームが選択するというかたちになります。F1は基本的にはシャシーはコントラクター別で、PUは今でいうと4サプライヤーの中から選ぶことになる。つまりサプライのある中からの選択になります。車体側のところがずいぶん違うと思います。もう1点は敷居の高さが随分と違う。参加するチームの面でもそうだし、お客さんとの敷居の差も感じます。特にお客さんとの敷居はアメリカのほうが低く、オープンであると感じますね」

──インディとF1では、その違いは大きいですか?

「ずいぶん違いますね。木曜からパドックにお客さんが入りますが、値段も10ドル(約1100円)程度でものすごく安い値段になっていますし、お客さんはガレージで作業してるスタッフの姿なども見られます。F1では一般のお客さんはほとんど見られないところですね。ドライバーもそのあたりを歩いていて、呼び止められたら気軽にサインをしてくれたりもします。お客さんに対しては世界がまったく違うと思います」

──田辺テクニカルディレクターから見て、トロロッソというチームはどんなチームであるという印象ですか?

「チーム代表のトストさん、(トロロッソ)テクニカルディレクターのジェームス・キーさんとは何回か会ってお話をしました。シンプルでこじんまりとしていて、マネジメントに関してはトストさん、テクニカルに関してはジェームス・キーという明確な司令塔がいるために判断のスピードも早く、そこで決まれば基本的には決まりで動きが早い。そのふたりもフレキシブルで、新しく組んだことで我々としても相談ごともあるのですが、快く受け入れて対応してくれます。非常にやりやすいチームだなと思います」

──アメリカとはやり方や、サプライヤーとしての立場も少し違うのでしょうか?

「アメリカだと、今のインディのエンジンは6年目か7年目ということで中身をも含めて骨格も成熟しているので、あまりチーム側とのやりとりが少ないんです」

──インディのときにはどのようなことをやってきたのかを、少しお聞かせください。

「インディのときはテクニカルな部分のまとめですね。レースには全レース帯同していましたが、その現場でのまとめとHPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント/アメリカ、ロサンゼルスにあるインディなどの開発施設)側へのフィードバック。最終的にレースにはどのモノを適用するか、しないかという最終判断をしていました。今年のインディは12台ですが、去年は13台が走っていました。それだけの台数で走っていると、いろいろなことが起こります。担当エンジニアのレベルも、上から並べるとバラバラです。13台で起こったことをまとめてテクニカルリードの人と話し合い、またHPDの事務所で話し合い、どうするかを考えます。たとえばこれは、このクルマだけに試してみて、次の日はどうしようとか。そういったテクニカルな最終判断をしていました」

2017年インディ500 佐藤琢磨と共に記念撮影をする田辺豊治氏

──現場で起きていることを把握し、チーム側がどういった姿勢で臨んできているのかはよくご存知なのですね。

「そうですね。それぞれのチームで4台走るところ、2台で走るところと特色があります。チームから上がってくる苦情なり意見なりをまとめます。このチームはこんなことを言っている、このチームにこれをやるなら、あっちのチームにもやらなければいけない。そういったことです」

──そういった意味ではトロロッソが相手というのは、やりやすいかもしれませんね。

「僕は最近のマクラーレンと付き合っていないので分かりませんが、先程も言ったようにトストさんやジェームス・キーと話をしていても、ヘジテーション(躊躇)なく何でも相談できそうな感じはあります。レスポンスも早いですし、変に隠している感じもありません」


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
宮越愛恵(みやこしまなえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング