F1 ニュース

2018.03.24

F1オーストラリアGP予選:驚速ハミルトンがポール、トロロッソ・ホンダはミスが響いて無念のQ1落ち


F1 | F1オーストラリアGP予選:驚速ハミルトンがポール、トロロッソ・ホンダはミスが響いて無念のQ1落ち

 3月24日現地時間午後5時、オーストラリアGP予選が行なわれた。朝から雨が降り続き、GTカーによるサポートレースでもセーフティカー先導のまま終了となる場面もあったほどだったが、午後2時のFP3直前に雨は上がって天候は急速に回復。予選はドライコンディションに迎えることとなった。気温は24度、路面温度は31度という気候のもと、Q1が始まった。 

 コンパウンドのタイム差が大きいだけに、各車ともウルトラソフトでコースインしタイムアタックを開始する。フリー走行と同じように、各車とも最初のランでチャージラップを挟んで複数回のアタックを行なう。まず最初のアタックでトップに立ったのはキミ・ライコネンで1分23秒096。

 アタック1回目でトラフィックに引っかかったルイス・ハミルトンは2回目のアタックでタイムを伸ばして0.167秒差の2位につけ、3回目のアタックで1分22秒824まで縮めてトップに立った。3位にはセバスチャン・ベッテル、4位・5位にレッドブル勢が続き、6位バルテリ・ボッタスの後方はトップから1.420秒離れてマクラーレンのフェルナンド・アロンソ、カルロス・サインツJr.、バルテリ・ボッタスと続く。

 最初のアタックで16位・18位に留まったトロロッソ・ホンダ勢は、他の中団グループと同様に残り3分を切ったところで2セット目のウルトラソフトを投入して最後のアタックに突入する。しかしピエール・ガスリーはターン3でタイヤをロックさせコースオフを喫し、アタックを断念して20位に終わる。ブレンドン・ハートリーはターン1でのミスが響き0.029秒差で16位となり、2台揃ってQ2進出を逃すこととなった。その他ザウバー勢が17位・18位、セルゲイ・シロトキンが19位でQ1敗退となった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング