F1 ニュース

投稿日: 2018.04.24 18:44
更新日: 2018.04.24 18:45

ロズベルグが若手ドライバー育成プログラムをスタート


F1 | ロズベルグが若手ドライバー育成プログラムをスタート

 2016年のF1世界チャンピオンであるニコ・ロズベルグは、かつてのボスとのパートナーシップのもとで、モータースポーツ界の若い才能を発掘するため、「ロズベルグ・ヤングドライバー・アカデミー」を設立した。

 ロズベルグは、ペトロナスのサポートのもと、カート時代のボス、ディーノ・キエーザと組んで、若手ドライバー発掘に当たることを、先週末、イタリアで発表した。

 キエーザはかつて、有望な若手カートドライバーとしてメルセデスベンツとマクラーレンの支援を受けていたころのロズベルグとルイス・ハミルトンのふたりを監督していた人物だ。

「ロン・デニスとの契約によって、ふたりのためのチームを設立した。デニスは当時、若手ドライバープログラムを運営しており、ルイスはそのメンバーのひとりだった」とキエーザは当時を振り返って語った。
「息子のキャリアを支えていたケケ・ロズベルグも加わった」

「プログラムは3年間運営されるはずだったが、ニコとルイスは非常に優れていたので、たった2年でカートから4輪レースにステップアップした。ニコはフォーミュラBMW、ルイスはフォーミュラ・ルノーでレースをすることになった」

ニコ・ロズベルグが「ロスベルグ・ヤングドライバー・アカデミー」を設立

 アカデミーは、キエーザが率いるカート・リバプリックのシャシーを使用する。ロズベルグは、すでにふたりのカートドライバーと契約、競争の激しいカートの世界から明日のスターを探していく作業に取り掛かっている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング