F1 ニュース

2018.05.03

ハミルトン、F1アゼルバイジャンGPで優勝もマシンは前年型よりも「運転が難しい」と困惑


F1 | ハミルトン、F1アゼルバイジャンGPで優勝もマシンは前年型よりも「運転が難しい」と困惑

 ルイス・ハミルトンはメルセデスF1の2018年型マシンの性能を引き出すのに苦戦しており、W09はその前身である“ディーバ”よりもドライビングが難しいと主張している。

 現F1チャンピオンのハミルトンはアゼルバイジャンGPにおいて、ようやく彼とチームにとって今季初となる優勝を飾った。しかしその勝利は、レースを首位で走行していたチームメイトのバルテリ・ボッタスがデブリを踏み、残り2周を残すところでリタイアしたことで手に入れたという、幸運によるものだった。

 ハミルトンはメルボルンでの開幕戦予選で圧倒的な速さを見せつけたが、その後メルセデスはフェラーリに明らかに差をつけられていた。

 W09はパフォーマンスの面で一貫性に欠けるところがあるが、W09の主要な問題は、ピレリタイヤの性能を十分に引き出せていないことに集中しているようだ。

「マシンをさらに改良し、もう少しドライブしやすくする必要がある」とハミルトンは話す。

「マシンは昨年よりも確実にドライブしづらくなっている。僕たちはその部分で作業を続けていく」

 バクーでの幸運な勝利によって、ハミルトンはドライバーズ選手権のトップに駆け上がった。しかし、33歳の彼はメルセデスとフェラーリの間にはいまだに差があることをしっかりと認識している。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
南真琴(みなみまこと)

F1 Photo Ranking

フォトランキング