F1 ニュース

投稿日: 2018.05.17 15:07
更新日: 2018.05.17 15:08

【F1スペインGP 無線レビュー】流れに乗れず、本来の力を発揮できなかったトロロッソ・ホンダ


F1 | 【F1スペインGP 無線レビュー】流れに乗れず、本来の力を発揮できなかったトロロッソ・ホンダ

 金曜の午前と午後で大きくセットアップを変更、午後の方向性が間違いであることを確認したトロロッソ・ホンダは、土曜に向けてセットアップを見直し大幅に改善を遂げていた。フリー走行3回目で走り始めてすぐにブレンドン・ハートレーは好感触を無線で伝えてきた。 

ハートレー(以下:HAR)「セクター1は昨日より格段に良くなっているよ。でもまだ最終セクターでリヤに苦しんでいるから、セクター1ではもっとリヤをケアしなきゃいけないね。中速コーナーの真ん中で(グリップを失って)流れていってしまうんだ」

トロロッソ(以下:STR)「昨日よりも良い走りをしているけど、ダウンシフトには注意してくれ」

 次のランでセットアップと走らせ方を微調整していく。

HAR「最終セクターはすごく良くなったけどセクター1と2でかなり苦しんでタイムロスしている。だからフロントウイングをもっと上げる必要がある」

STR「了解」

HAR「セクター1と2でアンダーステアでかなりタイムをロスしているんだ」

 さらに微調整を加えて仕上げた3回目のランでは、多めに燃料を積んで連続アタックで予選シミュレーションを行ない、マシンはかなりの完成度に達していた。

HAR「1周目のスタビリティは良かったけど(タイヤの温まりが不十分で)入口でフロントがイマイチだった」

STR「了解、同意だ。もう1周アタックしよう、エントリー4だ」

HAR「了解。さっきの周は最終セクターで失敗してしまったからもっとタイムを縮めることはできるはずだ」

 しかし終了直前、ハートレーはターン9の入口で僅かに左タイヤを芝生に落としてしまい、コントロールを失ってタイヤバリヤに激突。マシンは大きなダメージを負ってしまい、予選に出場することもできなくなってしまった。

2018年F1第5戦スペインGP FP3でクラッシュしたブレンドン・ハートレー

STR「ブレンドン、大丈夫か?」

HAR「……あぁ、大丈夫だ」

STR「何が起きたか分かる?」

HAR 「入口で芝生に乗ってしまったんだ。クルマはかなり良くなっていたんだけど……」


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング