F1ニュース

2018.05.29

F1 Topic:モナコのPUトラブルでルノーへの信頼を再び失ったレッドブル、カナダGPの新PUを注視


F1 | F1 Topic:モナコのPUトラブルでルノーへの信頼を再び失ったレッドブル、カナダGPの新PUを注視

 レッドブルのモーターホームであるエナジーステーションで、レース後に行われたクリスチャン・ホーナー代表の優勝会見。冒頭、記者たちの後方から、いきなりこんな質問が飛んできた。
 
「質問していいですか? ホンダに関してなんですが……」
 質問の主は、ゲルハルト・ベルガーだった。オーストリア出身で元F1ドライバーのベルガーは、レッドブルのオーナー、デートリッヒ・マテシッツとも親しく、かつてトロロッソの共同オーナーを務めていたこともあって、いまでも年に数回、グランプリを訪れると、レッドブルのモーターホームに足を運び、ホーナーとも顔なじみだ。

 そのベルガーがどうして『ホンダ』の名前をメディアの前で出したのか。それはベルガーは90年から92年までの3年間のマクラーレン時代に、ホンダ・エンジンを走らせていたホンダ・ドライバーだったからだ。そして今年、そのホンダの現場責任者としてF1に復帰した田辺豊治F1テクニカルディレクターは、92年にベルガーのエンジン側のレースエンジニアを務めた人物。

2018年F1第6戦モナコGP ダニエル・リカルド

 ベルガーにとって、ホンダの活躍は他人事ではないようで、モナコGPでも田辺TDに会うなり、「More Power(もっとパワーを)!!」と言ってきたという。

「どこで会っても、(ベルガーの)最初のひと言はいつも「more power」です」と言う田辺TDは、「『イエス』と言って、笑ってごまかしました」という。

 しかし、笑ってはいられないのはホーナーのほうだ。モナコGPでドラマチックな勝利を飾ったものの、それはパワーユニットにトラブルを抱えたから。ルノーへの信頼は再び落ちてしまったからだ。優勝会見で2019年のPUについて質問されると、それまでの笑みが消え、真剣な表情でこう答えた。

「2週間後のモントリオールで投入されるであろう新しいスペックのパフォーマンスを見て決めたい」

 田辺TDはPUのアップグレードに関しては、沈黙を貫いている。「(新スペックに関しては)入れたら、言います」

 ただし、ホーナーは「6月下旬から7月上旬に決断したい」とも言っており、もしカナダGPに間に合わなかった場合は、6月22~24日のフランスGP、6月29日~7月1日のオーストリアGPに新スペックが投入される可能性も残されている。

 果たして、ホンダはカナダGPに新スペックを投入するのか? そして、新スペックでホンダはどれくらいパワーアップするのか? 「More Power」と叫びたいのは、ホンダのスタッフなのかもしれない。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
泉えな(いずみえな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング